イラスト文字で 『Amazon MasterCardゴールドは本当にお得? 他社カードと徹底比較』 と記載し、背景にAmazon MasterCardゴールド
Amazon MasterCardゴールドがAmazonでは一番お得!

そう信じてAmazon MasterCardゴールドの入会を考えていませんか?

もちろん、Amazon MasterCardゴールドにはめちゃくちゃ多くのメリットが用意されていますが、気付きづらいデメリットや他者カードと比較をしてみると、意外にも劣る部分もあります。

ウィーちゃんウィーちゃん

え?AmazonではAmazon MasterCardゴールドが一番お得じゃないの?

マネーの博士マネーの博士

実は必ずしもそうではないんじゃよ。

年会費が10,000円を超えるカードだからこそ、入会は慎重に考えたいですよね。

ここでは、Amazon MasterCardゴールドを利用するメリットの紹介に加え、Amazonでお得になる他社カードの還元率やメリットとの比較もしていきたいと思います。

Amazonを普段利用しているなら、本当にお得なクレジットカードを知っておくのはとても重要ですよ。

各ネットショッピングでおすすめなクレジットカード

Amazon MasterCardゴールドの基本情報

Amazon MasterCardゴールド

基本還元率一般加盟店:1%
Amazon:2.5%
年会費10,000円(税抜)
国際ブランドMasterCard
ETCカード初年度:無料
2年目以降:500円(税抜)
※前年に1度の利用で無料
家族カード無料

 

Amazon MasterCardゴールドは初年度から10,000円(税抜)がかかりますが、以下の各サービスを活用することで、年会費の軽減をすることができます。

  • マイ・ペイすリボ:年会費が5,000円(税抜)割引
  • WEB明細書サービス:年会費が1,000円(税抜)割引
    合計:最大6,000円(税抜)割引

え、でもマイ・ペイすリボって手数料が発生するのでは?」と心配になる方もいるかもしれませんが、マイ・ペイすリボは初回のみ、手数料が発生しない仕様となっています。

つまり、毎回の支払いをカード利用額の全額に設定しておけば、手数料を被ることなくマイ・ペイすリボを活用できるのです。

Amazonで2.5%の還元が得られる!

博士が白猫にAmazon MasterCardゴールドを持ちながら 『Amazon MasterCardゴールドはAmazonの還元率が2.5%ももらえるぞ!』 と言っているイラスト

Amazon MasterCardゴールドの基本還元率は1%ですが、Amazonにおいては常に2.5%の還元を享受することができます。

  • 基本還元率:1%
  • Amazonでの還元率:2.5%
ウィーちゃんウィーちゃん

なかなかポイントがもらえないAmazonで2.5%の還元率は嬉しい!

さすがはAmazon MasterCardゴールドという名称だけあって、Amazonにおける還元率は素晴らしいですよね。ここで大事なのは”還元率だけ“を考えれば、Amazon MasterCardゴールドはお得という点です。

では、他者カードと比較してどうなのか?については後ほど紹介していきます。

先に他社カードとの比較を見る

 

カード利用でAmazonポイントが貯まる

Amazon MasterCardゴールドの利用ではAmazonポイントが貯まります。

AmazonポイントはAmazonでのショッピングに1ポイント1円として利用できる他、以下のような商品に対しても適用できます。

  • Amazonギフト券
  • Amazonフレッシュ商品
  • Amazonコイン
  • 定期お得便
  • Kindle

なお、Amazonポイントの有効期限は1年間ですが、以下のいずれかの条件を満たすことで、有効期限が1年間延長となります。

  • Amazonで商品を注文する
  • Amazonポイントを新たに獲得する

以上を踏まえると、Amazonを普段使いしている方にとって、Amazonポイントの有効期限は実質無期限と評価することができますね。

Amazon MasterCardゴールドを利用するメリットは多い

博士がAmazon MasterCardゴールドを持ちながら白猫に 『Amazon MasterCardゴールドならプライム会員まで無料になるメリット等多く用意されておるぞ!』 と言っているイラスト

ここまでで、Amazon MasterCardゴールドの基本情報は理解していただけましたでしょうか。

次に見ていきたいのは、Amazon MasterCardゴールドを利用する上で得られるメリットについてです。

  • Amazonプライムに無料で加入できる
  • ショッピング保険が付帯
  • 国内外の旅行傷害保険が付帯
  • 国内主要空港のラウンジが利用できる
  • 電子マネーiDが使える
  • 即時審査サービスがある

さすがにゴールドカードだけあって、付帯しているメリットの内容も豪華です。

早速、それぞれのメリットについて解説を加えていきましょう。

Amazonプライムに無料で加入できる

Amazonプライム

Amazon MasterCardゴールドのユーザーは、Amazonプライム会員(税抜3,612円)に無料で入会可能となります。

ウィーちゃんウィーちゃん

え、すでに入会しちゃってるんだけど…?

そんな方でも大丈夫。安心してください。

すでにAmazonプライムに加入済みの方であれば、きちんと年会費の返金を受けることができます。

ちなみに、Amazonプライム会員になれば、以下のようなありとあらゆるメリットを享受することができるため、Amazonユーザーは絶対に入っておかないと損です。

  • プライム対象商品は配送料無料(お急ぎ、日程指定などのオプション含む)
  • プライムビデオで映画やドラマ、アニメなどが見放題
  • プライムミュージックで100万曲以上のタイトルが聴き放題
  • プライムフォトで容量無制限で写真を保存できる
  • プライムリーディングで数百冊の電子書籍が読み放題
  • 希望の商品が1時間以内に届くプライムナウが利用できる
  • オーディブルを3ヶ月間無料体験できる
  • Kindleオーナーライブラリーで毎月1冊無料
  • Kindle端末が4,000円オフで購入可能
  • Amazon Dash Button(ワンプッシュでオーダー可能)が実質無料
  • Amazonパントリー(食料品や日用品を1箱290円で配送してくれる)を利用できる
  • Amazon定期便の利用で15%オフになる
  • タイムセールに対して、非会員より30分早く参加購入できる
  • 年に1度の大セールであるプライムデーに参加できる
  • 同居している家族のうち、2人までがAmazonプライムを利用できる
ウィーちゃんウィーちゃん

Amazonプライムってすごいメリットが多いよね!

なお、本記事の冒頭でもお伝えした通り、Amazon MasterCardゴールドのユーザーは、マイ・ペイすリボやWEB明細書サービスを活用することで、年会費を大幅に軽減することができます。

これに加え、Amazonプライムの年会費が無料になることを考慮に入れると、Amazon MasterCardゴールドの年会費は実質たったの388円(税抜)と考えることもできます。

  • マイペイすリボ:年会費が5,000円(税抜)割引
  • WEB明細書サービス:年会費が1,000円(税抜)割引
  • Amazonプライムの年会費3,612円(税抜)が無料
    実質年会費:388円
マネーの博士マネーの博士

ゴールドカードが実質388円の年会費で利用できるのは他にはない大きなメリットと言えるじゃろう。

本来年会費が10,000円(税抜)のゴールドカードを、実質たったの388円(税抜)のランニングコストで持つことができるのは非常にありがたいですよね。格安でゴールドカードを持ちたい、Amazonのヘビーユーザーには最適なクレジットカードと言えます。

ショッピング保険が付帯

Amazon MasterCardゴールドのユーザーは、以下の内容のショッピング保険を利用付帯で享受することができます。

年間最大補償額300万円
条件国内外問わず、全ての決済方法に対して適用
自己負担額3,000円/件

 

ちなみに非ゴールドカードであるAmazon MasterCardクラシックの場合、年間最大補償額が100万円までであり、かつ国内においては3回以上の分割払いかリボ払いにしか保険が適用されません。

万が一の時の為に安心感を備えておきたい方は、比較的高価な商品を購入する際には、Amazon MasterCardゴールドで決済をしておくと良いでしょう。

国内外の旅行傷害保険が付帯

Amazon MasterCardゴールドのユーザーは、国内外において充実した旅行傷害保険を享受することができます。

海外旅行傷害保険
会員本人の補償額会員の家族の補償額
死亡・後遺障害5,000万円
(内1,000万円は自動付帯)
1,000万円
治療費用300万円200万円
携行品損害
(自己負担3,000円/件)
50万円50万円
賠償責任5,000万円2,000万円
救援者費用500万円200万円

 

国内旅行傷害保険
死亡・後遺障害5,000万円
(内1,000万円は自動付帯)
入院保険金5,000円/日
通院保険金2,000円/日
手術保険金20万円

 

海外旅行傷害保険については、カード会員のみならず、会員の家族に対しても補償が用意されているのが秀逸です。

普段から家族で旅行に出かける頻度が多い方にとっては、非常にありがたい内容と言えるのではないでしょうか。

国内主要空港のラウンジが利用できる

Amazon MasterCardゴールドは国内外の旅行傷害保険が充実していることに加え、国内主要空港ラウンジの無料特典も付帯しています。対象となっている空港およびラウンジは以下の通りです。

空港名ラウンジ名
新千歳空港スーパーラウンジ
ロイヤルラウンジ
函館空港ビジネスラウンジ A Spring
青森空港エアポートラウンジ
秋田空港ロイヤルスカイ
仙台空港ビジネスラウンジEAST SIDEビジネスラウンジWEST SIDE
羽田空港第1旅客ターミナルエアポートラウンジ(中央)
POWER LOUNGE NORTH/SOUTH
第2旅客ターミナルエアポートラウンジ(南/北)
POWER LOUNGE NORTH
国際線旅客ターミナルSKY LOUNGE/SKY LOUNGE ANNEX
成田国際空港ビジネス&トラベルサポートセンター内ラウンジ
T.E.Iラウンジ
新潟空港エアリウムラウンジ
富山空港ラウンジらいちょう
小松空港スカイラウンジ白山
中部国際空港プレミアムラウンジセントレア
大阪国際空港(伊丹空港)ラウンジオーサカ
関西国際空港カードメンバーズラウンジ六甲/アネックス六甲/金剛/比叡
神戸空港ラウンジ神戸
岡山空港ラウンジマスカット
広島空港ビジネスラウンジもみじ
米子空港ラウンジDAISEN
山口宇部空港ラウンジきらら
高松空港ラウンジ讃岐
松山空港ビジネスラウンジ
スカイラウンジ
徳島空港エアポートラウンジヴォルティス
北九州空港ラウンジひまわり
福岡空港くつろぎのラウンジTIME
長崎空港ビジネスラウンジアザレア
大分空港ラウンジくにさき
熊本空港ラウンジASO
鹿児島空港スカイラウンジ菜の花
那覇空港ラウンジ華〜hana〜

 

ウィーちゃんウィーちゃん

さすがゴールドカードだね。

旅の合間にしっかりと英気を養えるかどうかは、旅の質そのものに大きな影響を与えます。

このように考えれば、国内外問わず、とにかく旅に出るのが好きな方にとって、Amazon MasterCardゴールドは非常に相性の良いクレジットカードと言えますね。

電子マネーiDが使える

iDのロゴ

Amazon MasterCardゴールドのユーザーは、ありとあらゆる店舗で利用可能な電子マネーiDの専用カードを無料で作成することができます。iDは補償面だけでなく、決済面でも優れているAmazon MasterCardゴールドは非常に価値が高いですね。

以下、電子マネーiDが利用できる主な店舗をみてみましょう。

  • セブンイレブン
  • デイリーヤマザキ
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • ローソン
  • マックスバリュ
  • まいばすけっと
  • イトーヨーカドー
  • イオンモール
  • 牛角
  • はま寿司
  • ガスト
  • フォルクス
  • バーミヤン
  • マクドナルド
  • 白木屋
  • 和民
  • 魚民
  • 安安
  • はなの舞
  • ツルハドラッグ
  • スギ薬局
  • ジャパン
  • コジマ
  • ジョーシン
  • ビックカメラ
  • ヨドバシカメラ
  • タワーレコード
  • AOKI
  • 洋服の青山
  • 東京ドームシティ
  • ENEOS
  • エッソ/モービル/ゼネラル
  • ANA FESTA
  • 関西国際空港
  • 快活CLUB
  • ビッグエコー
  • シダックス
  • ルートインホテルズ
  • Amazon
  • オリックスレンタカー
ウィーちゃんウィーちゃん

iDって色んなところで使えるんだね!

ちなみにiDはポストペイ型の電子マネーであり、事前のチャージや残高確認などの手間は不要ですよ。

即時審査サービスがある

白猫がパソコンに向かいながら 『あー!今すぐこの商品を買いたいのに!』 と言い、博士が 『Amazonの即時審査を利用すれば3万円まですぐに買い物ができるぞ!』 と言っているイラスト

マネーの博士マネーの博士

Amazon MasterCardゴールドは即時審査でその日から使うこともできるぞ!

Amazon MasterCardゴールドには即時審査サービスがあります。

本カードを即日に受け取れるわけではありませんが、以下の条件を満たすことができる方は、利用可能枠3万円の仮カードを発行できます。

  • 受付可能時間内(9時~19時)にエントリーできる
  • 満20歳以上の方
  • カード申し込み時に支払い口座の設定ができる方
    ※三井住友銀行/三菱UFJ銀行/みずほ銀行/ゆうちょ銀行/その他一部の銀行が対象

ちなみにここで言う仮カードは、Amazonの買い物時に利用可能な専用の番号が発番されるという意味合いであり、実物のカードが発券されるわけではありません。

3万円以内の買い物をすぐにでもしたい!」という方は、即時審査サービスを利用してみてはいかがでしょうか。

AmazonではAmazon MasterCardゴールドが一番お得なわけではない

博士がAmazon MasterCardゴールドを持ちながら白猫に 『Amazon MasterCardゴールドは良いカードじゃが、だからと言って一番お得なカードというわけではないんじゃよ。』 と言い、白猫が 『えー!じゃあどのカードが一番メリットが多いの?』 と言っているイラスト

マネーの博士マネーの博士

何度か言ったように、AmazonではAmazon MasterCardゴールドが一番お得というわけではないんじゃよ。

ウィーちゃんウィーちゃん

他のカードのほうが得するってこと?

ここまでAmazon MasterCardゴールドのメリットをみてきましたが、果たしてAmazon MasterCardゴールドはAmazonで一番お得なクレジットカードなのでしょうか。

え、名前からして一番お得なんじゃないですか?」と思われる方もいるかもしれませんね。

ここでちゃんとお伝えしておきたいのは、Amazonでお得になるクレジットカードは以下の通り、Amazon MasterCardゴールド以外にもあります。

そう。上記をご覧いただければお分かりの通り、JCB CARD Wやオリコカードザポイントといったクレジットカードでも、Amazon MasterCardゴールドと同等、あるいはそれ以上の還元率をAmazonで生み出すことができるのです。

また、Amazon MasterCardクラシックやAmazon MasterCardゴールドで得られるポイントはAmazonでしか利用できないAmazonポイントであるため、同等の還元率であれば、Amazon以外でも適用可能なポイントが得られるJCB CARD Wやオリコカードザポイントに軍配が上がります。

博士が白猫に 『Amazon MasterCardゴールドで貯まるポイントはAmazon内でしか利用ができないんじゃよ。』 と言い、白猫が 『Amazonのヘビーユーザーなら嬉しいけど、色々使いたい人はちょっと困るかもね。』 と言っているイラスト

ウィーちゃんウィーちゃん

確かに貯めたポイントがAmazon以外で使えないのはツラいかも…!

マネーの博士マネーの博士

貯めたポイントがAmazon以外で使える+高還元+補償も充実しているのがJCB CARD Wなんじゃよ。

以上を踏まえ、ここではJCB CARD Wとオリコカードザポイントのスペックについてみていきましょう。

JCB CARD W

JCB CARD W

基本還元率一般加盟店:1%
Amazon:2.5%
年会費無料
国際ブランドJCB
ETCカード無料
家族カード無料

Amazonを利用しているなら、一番おすすめしたいのがこのJCB CARD Wです。JCB CARD Wは国際ブランドであるJCBのプロパーカードです。

JCB CARD Wの会員専用サイトである『Oki Dokiランド』を経由することで、Amazonでの還元率をAmazon MasterCardゴールドと同じ2.5%にまで高めることができます。

JCB CARD Wの申し込みが可能なのは18歳〜39歳までの方ですが、39歳までに作成手続きを済ませておけば、40歳以降もJCB CARD Wを利用することができますよ。

カード利用でOki Dokiポイントが貯まる

JCB CARD Wでは、1,000円のカード決済ごとに2ポイントのOki Dokiポイントが貯まります。1ポイントの価値は5円相当であるため、JCB CARD Wの基本還元率は1%です。

ウィーちゃんウィーちゃん

Oki Dokiポイントってどんなふうに活用できるの?

という声が聞こえてきそうなので、Oki Dokiポイントの交換先を記載しておきましょう。

  • nanacoポイント
  • 楽天スーパーポイント
  • WAONポイント
  • Tポイント
  • dポイント
  • au WALLETポイント
  • スターバックスカードへのチャージ
  • JALマイル
  • ANAマイル

ご覧の通り、Oki Dokiポイントは非常に使い勝手の良い数々のポイントに加え、JALマイルやANAマイルにも交換することができます。

以上を踏まえると、Amazonでお得になるクレジットカードで最もメリットが大きいのはJCB CARD Wと言えます。

JCB CARD Wがおすすめな人

  • 年会費無料の高還元カードが欲しい人
  • JCBプロパーカードが欲しい人
  • Amazonを始めとするネットショップをお得に楽しみたい人
  • Amazonやスターバックスなどの特約店を普段使いしている人
  • 海外旅行傷害保険の付帯に魅力を感じる人
公式サイトで詳しく見る※ずっと年会費無料で使える

 

オリコカードザポイント

Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)

基本還元率一般加盟店:1%〜2%
Amazon:2%〜3%
年会費無料
国際ブランドMasterCard/JCB
ETCカード無料
家族カード無料

オリコカードザポイントは完全無料のクレジットカードであるにもかかわらず、入会後半年間は還元率が2倍になるという非常に素敵なメリットを備えています。

また、カードユーザーは会員限定サイトの『オリコモール』を経由することで、Amazonで2%〜3%の還元を得ることができます。

基本還元率Amazonでの還元率
※オリコモールを経由した場合
入会後半年間2%3%
入会半年間以降1%2%

 

Amazonでお得になるクレジットカードには様々な種類がありますが、入会後半年間という限定的な期間の中でみれば、オリコカードザポイントが最もAmazonにおける還元率の高い1枚と言えますね。

カード利用でオリコポイントが貯まる

オリコカードザポイントでは、100円の利用に対して1ポイントのオリコポイントが貯まります。1ポイントの価値は1円相当なので、オリコカードザポイントの基本還元率は1%です。

以下、オリコポイントの交換先をみてみましょう。

  • Amazonギフト券
  • Tポイント
  • Pontaポイント
  • 楽天スーパーポイント
  • dポイント
  • WAONポイント
  • au WALLETポイント
  • ANAマイル
  • JALマイル

こちらも前述のJCB CARD Wで得られるOki Dokiポイントと同様に、便宜性の高い様々な交換先が用意されています。

ただし、オリコポイントの有効期限は1年間であり、最低でも500ポイントがまとまった状態でなければ交換できない点には注意が必要です。

オリコカードザポイントがおすすめな人

  • 年会費無料の高還元カードが欲しい人
  • 入会後半年間の基本還元率2倍特典に魅力を感じる人
  • Amazonを始めとするネットショップをお得に楽しみたい人
  • オリコパッケージツアーをお得に(3%〜8%オフ)利用したい人
公式サイトで詳しく見る※入会から半年間は還元率2倍

 

Amazon MasterCardゴールドはAmazonのヘビーユーザーなら持っても良いがおすすめはしない

博士がAmazon MasterCardゴールドを持ちながら 『AmazonヘビーユーザーならAmazon MasterCardゴールドを使っても良いが、JCB CARD Wを使った方がお得な場面も多いんじゃよ。』 と言っているイラスト

マネーの博士マネーの博士

AmazonのヘビーユーザーならAmazon MasterCardゴールドは良いカードとなるが、色々なところで使いたいなら間違いなくJCB CARD Wを選択した方が良いじゃろう。

ここまでの内容をご覧いただいた方であれば、Amazon MasterCardゴールドがAmazonで最もお得なクレジットカードではないということがお分かりいただけたかと思います。

もちろん、Amazonのヘビーユーザーであれば、Amazon MasterCardゴールドで得られるAmazonポイントの使い道に困ることはないため、Amazon MasterCardゴールドを持っても良いでしょう。

しかし、Amazon以外でもポイントを活用したいという方にはやはり、Amazon MasterCardゴールドではなく、JCB CARD Wやオリコカードザポイントの方がおすすめと言えます。

JCB CARD WならAmazon以外でも幅広い店舗で還元率が上がる

JCB CARD Wのユーザーは、JCBオリジナルシリーズパートナーの店舗を活用することで、Amazon以外でも大きく還元を享受することができます。

還元率アップの対象となっている店舗は以下の通りです。

合計で得られる還元率対象の加盟店
1.5%
  • ビックカメラ
  • 昭和シェル石油
  • ENEOS/エッソ/モービル/ゼネラル
  • U-NEXT
2%
  • Amazon
  • セブンイレブン
  • 高島屋
  • 一休.comレストラン
  • JTB国内宿泊オンライン予約
  • Right-on
特に優遇
  • AOKI:3%
  • オリックスレンタカー:3.5%
  • 東京ディズニーリゾートトラベル特典:5.5%
  • スターバックスカード:5.5%

Oki Dokiランドの経由で、Amazonの還元率は2.5%にアップ

ご覧の通り、JCB CARD WならAmazonの他にも、セブンイレブンやスターバックスなど、非常に利用しやすい店舗が対象となっています。

Amazon MasterCardゴールドがお得になるのはAmazonだけ』と考えれば、いかにJCB CARD Wの方がメリットが大きいかがわかると思います。

JCBオリジナルシリーズパートナーとOki Dokiランドを上手に活用すれば、JCB CARD Wでスイスイポイントを貯めていくことができますよ。

 

 

オリコカードザポイントなら旅行パッケージツアーをお得に楽しめる

旅行好きの方であれば、オリコカードザポイントでお得に利用できる旅行パッケージツアーに目を向けてみましょう。

オリコカードザポイントのユーザーは、オリコ旅行センターで各旅行会社のパッケージツアーに申し込むことで、同行者も含めて最大8%オフを享受できます。

  • 国内のパッケージツアー:3%〜5%オフ
  • 海外のパッケージツアー:3%〜8%オフ

カード会員だけでなく、同伴者も対象となっているのは嬉しいですね。

パッケージツアーにおいて3%〜8%もの割引が得られるのは非常に大きいですから、旅行への頻度が多い方であれば、オリコカードザポイントで大幅に節約効果を高めることができるのではないでしょうか。

 

まとめ

Amazon MasterCardゴールドは、Amazonで一番お得なクレジットカードというわけではありません。

もちろん、Amazonのヘビーユーザーであれば、Amazon MasterCardゴールドを持っても問題はありませんが、より幅広い場面で上手に活用したいのであれば、JCB CARD Wやオリコカードザポイントといったクレジットカードがおすすめです。

JCB CARD Wやオリコカードザポイントであれば、一切のランニングコストをかけることなく活用できるという点も大きなメリットと言えますね。

じゃあその2つのカードはどっちがお得なの?

Amazonを含め、他社カードを圧倒している還元率を誇るのがJCB CARD Wです。しかも、海外旅行保険が付帯していたり、ディズニーのオフィシャルスポンサーであることから、色々な特典や優待も用意されています。

そのような点を含め、メインカードとして使うならダントツでJCB CARD Wと断言します。

JCB CARD Wなら年会費無料で利用できてAmazon MasterCardゴールドと同じ還元率になる為、Amazonでの買い物でポイントもザクザク貯まっていきますよ。

貯まったポイントはAmazonはもちろん、色々なところで利用できるので今の生活をより豊かにしてくれるでしょう。

 

記事を書いた人
博士
博士

マネーストアの管理人であるワシは、節約やポイント還元が大好きなんじゃよ。もちろん得することが大事じゃが、損をしないことが最も大事だと考えておる。ぜひ当サイトを参考に、少しでも豊かになることを祈っておるぞ。 何か質問があれば、Twitter等で遠慮なく聞いておくれ。