>> 無料で持てるアメックス特集ページ

アメックス・ゴールドカードの年会費は29,000円|それでも申し込みが殺到する理由

年会費の高いカードなんて自分には必要ないよ。年会費無料のカードで充分!

その考えも一理あります。毎年決まってかかるお金をカットするのが節約の基本ですね。

しかし、年会費無料で高還元のカードがたくさんある中で、異色の存在感を放っているのがアメックス・ゴールドカードです。

アメックス・ゴールドカードの年会費は税抜29,000円と決して安いとは言えない金額ですが、それでも不動の人気を誇り申し込みが殺到しています。

アメックス・ゴールドカードは、他社カードでいうと『プラチナ』クラスの優待・特典が得られるクレジットカードです。ステータス感も使い心地も抜群というところが不動の人気の理由の一つでしょう。

ここでは、アメックス・ゴールドカードを他社ゴールドカードと比較しながら『人気の秘密』を徹底解剖していきます。

アメックス・ゴールドカードの年会費は約30,000円かかる!

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

年会費 29,000円(税抜)
申込条件 20歳以上で定職がある方。(年金受給者も可)
基本還元率 0.3%~
国際ブランド AMEX
ETCカード 年会費無料
※新規発行手数料:850円(税抜)
家族カード ・1枚目:無料
※2枚目以降:12,000円(税抜)

アメックス・ゴールドカードの年会費は、税抜29,000円です。消費税を加えると30,000円を超えます。正直なところ、決して安い年会費ではありませんよね。

それでもアメックス・ゴールドカードが人気を集めているのには、次のような理由があります。

  • 旅行に強い充実した特典
  • ステータス感のあるカードとして抜群の認知度

つまり、ユーザーの間で『年会費<付加価値』という風に認識されているのですね。始めにお伝えしておくと、こういったゴールドカードを持つ前に、年会費で躊躇してしまうなら、正直持たないほうが良いです。

優待や特典が充実しているステータスカードは、年会費以上のものを提供してくれますが、年会費が気になるなら格安のクレジットカードを選んだ方が良いでしょう。

アメックス・ゴールドカードの口コミとメリットはこちら

アメックス・ゴールドは他社プラチナ・カードクラスの特典が充実

近年、ゴールドカードも『格安化』が進んでいます。例えば、楽天ゴールドカードのように1万円未満のゴールドカードなどを目にすることがあるでしょう。

しかし、アメックス・ゴールドカードは、そんな中にあっても年会費29,000円と高額なゴールドカードです。その分、他社のプラチナ・カードやそれを超えるような特典が充実しています。

ここで、アメックス・ゴールドカードならではの優れた特典を一部ご紹介します。

  • 高級レストランが2名以上予約で1名無料になる『招待日和』
  • 家族特約付きの海外旅行傷害保険
  • 飛行機の遅延時の補償
  • プライオリティ・パスのスタンダード会員
  • 手荷物無料宅配サービス
  • 年間500万円までのショッピングプロテクション
  • 万が一のキャンセルを補償するキャンセルプロテクション

まさに他社で言う、プラチナ・カード並みのサービスです。

特に『招待日和』は会食の機会の多い方には、使いやすく恩恵の大きいサービスです。パートナーを素敵なディナーに招待するのも素敵ですね。

ゴールド・ダイニング by 招待日和

ゴールド・ダイニング by 招待日和で1名分のコース料理が無料

アメリカン・エキスプレス系のカードは、『旅行に強い』といわれています。

それは、充実した旅行傷害保険空港ラウンジ利用特典、そして手荷物の無料宅配などのきめ細やかなサービスが提供されているからです。

上記のような特典に魅力を感じるなら、アメックス・ゴールドは年会費以上の価値があるといえます。

興味はあるけど、やっぱり年会費が気になるな…。

そう思ってしまった場合も、特典内容の使い心地を1年間だけでも試してみるのもおすすめの方法です。

ゴールドダイニング by 招待日和については『絶対に利用したい【ゴールドダイニング by 招待日和】が使えるお店|登録方法から評判まで徹底解説』の記事で登録方法や評判を紹介しています。

ステータス感のあるカードといえばアメックスが定番!

アメックスゴールド実物

私もアメックス・ゴールドを使っています

今までにクレジットカードの『ステータス感』を気にしたことはありますか?

ステータスの高いクレジットカードというと、一般的に次のような特徴があります。

  • 一般カードよりも高い年会費
  • 一般カードよりも厳しい審査

上記のような特徴があるからこそ、ステータスの高いクレジットカードを持っているだけでもその人自身の信用度がアップするのです。

アメックス・ゴールドは、日本でも世界でもよく知られたステータスの高いクレジットカードの一つです。

年会費は消費税込みで考えると、3万円を超えます。審査に関しては、『厳しい』というイメージを持たれがちですが、本人に安定した収入がある方ならそれほど厳しいものではありません。

しかし、審査の難易度が実際にはそれほど高くなくても、一般的にはステータスが高いカードとして認識されているのです。

ステータスの高い、すなわちゴールドカード以上のクレジットカードを持つと、次のようなメリットがあります。

  • 豊富な特典が得られる
  • より上位のプラチナカードなどのインビテーションを目指せる
  • デートや客先での会食などで相手に安心感を与える

多くの人にチャンスのある審査難易度なのに、上記のようなメリットがあるというのは嬉しいですね。

アメックス・ゴールドは日本でも認知度抜群のクレジットカードです。お会計の際にスマートに出してみると、好印象を持ってもらえるでしょう。

アメックス・ゴールドカードの審査難易度については『アメックス・ゴールドカードの審査難易度を解説|審査に通る為のチェックポイント』の記事で更に詳しく解説しています。

アメックス・ゴールドカードと他社ゴールドカードと年会費を比較

同じクラスのゴールドカードとアメックス・ゴールドカードで年会費やスペックを比べてみたい!

やはり、同じゴールドカードというクラスでも、年会費にどれくらいの差があるのかは気になりますよね。

クレジットカードを選ぶ際には、年会費に対してのサービスなどが重要です。

そこで、ここからは年会費、その他の特典面などのスペックをアメックス・ゴールドカードと他社ゴールドカードの比較をしていきます。

ここで解説する比較を参考にして、あなた自身がこだわりたい部分が優れているクレジットカードを選んでみてくださいね。

※ラグジュアリーカードは『ブラックカード』をご紹介していますが、ラグジュアリーカードは年会費の高い順にゴールド・ブラック・チタンです。そのため、ここでは他社でゴールドカードクラスに相当する『ブラックカード』についてデータをご紹介していきます。

年会費

最初に、毎年必要となる年会費について比較していきます。

ゴールドカードの場合、特典が充実していることから特典を活用すれば元を取ることは十分にできます。

ただし、「年会費が高すぎる!」と感じる場合にはライフスタイルと年会費の価格帯が合っていないという心配があります。

ワンランク上のカードを利用してみたいと思った場合は、初年度年会費無料などのクレジットカードから試してみるのもおすすめです。

年会費
(税抜)
家族会員年会費
(税抜)
アメックス・ゴールド 29,000円 12,000円
セゾンゴールド・アメックス 10,000円 1,000円
三井住友VISAゴールドカード 10,000円 1枚目無料
2枚目以降:1,000円
ラグジュアリーカード
(ブラック)
100,000円 25,000円
JCBゴールドカード 10,000円 1枚目無料
2枚目以降:1,000円
ダイナースクラブカード 22,000円 5,000円
楽天プレミアムカード 10,000円 500円
JAL CLUB-Aゴールドカード
(JCB/VISA/MasterCard)
16,000円 8,000円
JAL CLUB-Aゴールドカード
(AMEX)
19,000円 8,000円

アメックス・ゴールドカードの年会費は、一般的なゴールドカードが約1万円程度の年会費なのに対して29,000円と高額になっています。

しかし、本来12,000円の家族カードが1枚無料なので「配偶者の分も発行して特典を利用したい。」という方には大きなメリットがあるのです。

アメックス・ゴールドカードは、年会費が10,000円台のゴールドカードに比べると、圧倒的にトラベル特典やダイニング特典も充実しています。プライオリティパスのラウンジが利用できるのも大きな優位性です。

プライオリティパス実物

アメックス・ゴールドなら無料で利用できる

年会費の面で、圧倒的に高額なのがラグジュアリーカード(ブラック)になります。ラグジュアリーカードは、一番年会費が手ごろなチタンカードでも年会費が50,000円のカードです。

ラグジュアリーカードは、年会費が高額な分、充実した特典が利用できるタイプのクレジットカードです。高級レストラン利用の機会が多い、海外旅行が多いというタイプの方でないと使いこなすことが難しいともいえます。

ラグジュアリーカードは、「他のゴールドカードやプラチナカードを使ったことがあるけど、もっと豪華な特典を体験したい!」という方に適したクレジットカードです。

海外旅行傷害保険

博士が「アメックス・ゴールドカードなら海外旅行保険が最大1億円も付帯しておるぞ!」と言っているイラスト

海外旅行によく行くなら、使いやすい海外旅行傷害保険の付帯したクレジットカードを選ぶのが定番です。

ここでは、万が一の補償である『最大補償額』を基準にゴールドカードを比較していきます。

最大補償額
アメックス・ゴールド 1億円
セゾンゴールド・アメックス 5,000万円
三井住友VISAゴールドカード 5,000万円
ラグジュアリーカード
(ブラック)
1億2,000万円
JCBゴールドカード 1億円
ダイナースクラブカード 1億円
楽天プレミアムカード 5,000万円
JAL CLUB-Aゴールドカード
(JCB/VISA/MasterCard)
5,000万円
JAL CLUB-Aゴールドカード
(AMEX)
5,000万円

海外旅行傷害保険の最大補償額(主に万が一の死亡や後遺障害の際の補償額)を比較しましたが、その差は3,000万円から1億2,000万円とかなりの幅があります。

海外旅行傷害保険は、海外旅行に行く際には必ず加入しておくべき保険です。海外では、日本の健康保険が使えないために軽症でも高額な医療費が必要になるからですね。

空港で掛け捨てのタイプの海外旅行傷害保険に加入することもできますが、クレジットカードに海外旅行傷害保険が付帯していれば追加の費用なしに補償を受けることができます。

アメックス・ゴールドカードの海外旅行傷害保険は、最大で1億円の補償が受けることが可能です。1億円の補償は、ゴールドカードの中でもかなり充実した部類といえます。

死亡・後遺障害時の補償に比べて使う可能性の高い、ケガや病気の際の補償も最大で300万円の補償となりますし、アメックス・ゴールドカードを旅行代金の決済に使わなくても最大200万円の補償です。

海外旅行傷害保険を重要視している場合は、次のようなポイントに注目しましょう。

  • 自動付帯か利用付帯か
  • 家族がいる場合、家族特約がついているかどうか
  • ケガや病気の際の補償が充実しているか

アメックス・ゴールドカードの海外旅行保険や各種付帯している保険については『アメックス・ゴールドの充実した保険内容を解説|海外旅行保険から買い物保険までを網羅』の記事で更に詳しく解説しています。

その他の主な特典

特典は、クレジットカードの個性がもっとも現れるところ。

むしろ『特典に対する満足度で全体的な満足度が決まる』とも言えるほどです。

ここからは各ゴールドカードの主な特典をご紹介していきますが、ゴールドカードならではの空港ラウンジ特典や充実のレストラン優待などがあります。

主な特典
アメックス・ゴールド ・年2回までプライオリティパスのラウンジ利用可
・手荷物宅配往復無料
・コース料理1名無料『ゴールド・ダイニング by 招待日和』
・キャンセル時・返品時など多彩なプロテクション
セゾンゴールド・アメックス ・国内空港ラウンジ利用可能&プライオリティパス優遇年会費
・西武・ロフト・西友・パルコなどでポイント2倍
・プリンスホテルなどのホテル優待
・ポイント有効期限なし
三井住友VISAゴールドカード ・国内空港ラウンジ利用可能
・会員制宿泊予約サービス『Relux』
・健康相談ダイヤル
・顔写真入りのクレジットカード発行可
ラグジュアリーカード
(ブラック)
・マットブラックの金属製カード
・プライオリティパスを家族会員にも無料発行
・ハワイアン航空上級会員資格
・コース料理が1名無料+料理のアップグレード
・ラグジュアリーリムジンでのレストラン送迎
JCBゴールドカード ・国内空港ラウンジ同伴者1名無料
・JCBゴールドグルメ優待サービス
・健康相談ダイヤル
・お金の相談ダイヤル
・手荷物無料宅配券サービス
ダイナースクラブカード ・世界中のダイナースの空港ラウンジ利用可
・『おもてなしプラン』などダイニング特典が充実
・コース料理が1名無料の『エグゼクティブダイニング』
・手荷物無料宅配サービス
・条件により空港送迎タクシー無料
楽天プレミアムカード ・楽天市場での還元率5%~
・プライオリティ・パス無料
・ポイントアップ・手荷物無料宅配などの特典を3つのコースから選べる
JAL CLUB-Aゴールドカード
(JCB/VISA/MasterCard)
・通常のフライトマイル+25%のボーナスマイル
・国内空港ラウンジ利用可能
JAL CLUB-Aゴールドカード(AMEX) ・通常のフライトマイル+25%のボーナスマイル
・国内空港ラウンジ同伴者1名無料
・JALグループで3%のマイル付与率
・手荷物無料宅配サービス

それぞれのゴールドカードに多彩な特典がありますが、特にアメックス・ゴールド、ラグジュアリーカード(ブラック)、ダイナースクラブカードのダイニング特典は特に優秀です。

指定のレストランで2名以上のコース料理を予約すると、1名分が無料になるという特典内容になります。

ゴールド・ダイニング by 招待日和

年間の回数制限はありませんので、会食や接待の機会が多い方は特に活用の機会が多いでしょう。

空港ラウンジについては、同じゴールドカードと言っても、国内のみのものと海外空港利用OK(プライオリティパス含)があります。

国内旅行中心という方は、プライオリティパスにはこだわらなくても良いでしょう。

ここでご紹介してきたゴールドカードの中でマイルを貯めやすいのは、次の3つのクレジットカードです。

  • アメックス・ゴールドカード
  • JAL CLUB-Aゴールドカード

アメックス・ゴールドカードは、マイル移行に合計で8,000円の手数料が必要にはなりますが、1:1のレートでポイントをANAのマイルへ交換することができます。

JAL CLUB-Aゴールドカードは、通常のフライトマイルに加えて常に+25%のボーナスマイルが貯められます。JALグループをコンスタントに利用する方には、メリットの大きい一枚です。

アメックス・ゴールドで貯めたポイントをANAマイルに交換する方法や注意点は『アメックス・ゴールドカードで貯めたポイントをANAマイルに移行する方法|ANAマイルをザクザク貯める方法も解説』の記事で詳しく解説しています。

還元率

クレジットカードを選ぶ際に多くの人が気にする『還元率』。現金払いとは違い、決済で貯めたポイントを使ってコストを削ることができるのがクレジットカードの魅力ですよね。

ゴールドカードは、通常の還元率としては標準レベルの0.5%程度のものがほとんどです。

その分、年会費無料カードにはない特典が充実しているので、年会費無料カードとゴールドカードは性質の違うカードと思っておくと良いでしょう。

還元率
アメックス・ゴールド 0.3%~
セゾンゴールド・アメックス 0.5%~
三井住友VISAゴールドカード 0.5%~
ラグジュアリーカード(ブラック) 0.5%~
JCBゴールドカード 0.5%~
ダイナースクラブカード 0.4%~
楽天プレミアムカード 1%~
JAL CLUB-Aゴールドカード
(JCB/VISA/MasterCard)
1%~
(マイル付与率)
JAL CLUB-Aゴールドカード
(AMEX)
1%~
(マイル付与率)

アメックス・ゴールドは、100円につき1ポイントが貯まり、0.3円~の価値で利用することができます。

この数字だけを見ると、還元率が低いように感じてしまいますよね。

しかし、参加費3,000円/年の『メンバーシップ・リワード・プラス』に加入することで還元率を0.5%~に底上げすることができます。

航空会社で利用した金額にポイントを充当する場合は、1ポイント=1円で利用することができ、ますます旅行に強くなるのです。

さらに、メンバーシップ・リワード ANAコース(5,000円/年)に登録すると、1:1のレートでポイントをANAのマイルへ移行できます。

ほぼ横並びの還元率の中、還元率に特化しているのが楽天プレミアムカードです。

楽天プレミアムカードは、通常1%の還元率に加えて楽天市場で利用すると合計5%以上の還元率となります。楽天市場ユーザーなら、圧倒的なスピードでポイントを貯めることが可能です。

JAL CLUB-Aゴールドカードは、JALのマイルに特化し、100円につき1マイルを各国際ブランドのカードで貯めることができます。JALマイルを効率良く貯めたい場合には、JAL CLUB-Aゴールドカードを選択するのが良いでしょう。

メンバーシップ・リワード・プラスの活用方法については『アメックスのメンバーシップ・リワード・プラスの活用ガイド|登録方法からお得なポイント交換方法まで全てをわかりやすく解説』の記事で更に詳しく解説しています。

安定収入のある人なら審査通過は決して難しくない

ゴールドカードが最高のステータスだった一昔前のイメージから、「アメックス・ゴールドなんて私には無理かも…。」と諦めていませんか?

現在はアメックスに限らずゴールドカードよりも上の『プラチナ・カード』や『ブラック・カード』などのステータスカードがありますので、昔のイメージでアメックス・ゴールドカードを諦めてしまうのは非常にもったいないです。

次のような条件を満たしている方なら、アメックス・ゴールドカードの審査に申し込んでみる価値は十分にあります。

  • 20歳以上
  • 自分自身に安定収入がある

以前は『25歳から』の入会条件だったアメックス・ゴールドカードですが、今は20歳以上の成人で自分で収入を得ている人なら誰にでも間口が開かれていますよ。

とはいえ、豊富な特典やステータス感を考えると目安となる年収も気になってきますよね。ここからは、そのあたりも掘り下げていきます。

年収は300万円台でもOKな場合も多い

ゴールドカードはお金持ちの為だけのカード。

そんな時代はもう過去のものです。

  • 年収300万円台でもアメックス・ゴールドを発行した人は多い
  • 年収400~500万円台なら年収の面で心配はない

クレジットカードの審査は、年収だけで決まるわけではありません。同時に最近クレジットカードの支払いの遅れなどがない、きれいなクレヒスであることが求められます。

アメックスは傾向として、過去よりも現在の収入状況などを重視するといわれていますが、それでも直近数か月に何度もクレジットカードの支払いの遅れがあるのは明らかにマイナスです。

反対に、きれいなクレヒスで正社員でお勤めをしているという状況であれば、年収300万円台でも十分に審査に通過する可能性があります。

最後に年収を記載する際の注意点です。

  • 税込年収を記載すること
  • 間違って手取りを記入しないこと

年収』と言うと、実際に手元に給与として振り込まれるお金ではなく『税金』などを天引きする前の『総支給額』を指します。

年収と手取り金額を間違えて記入すると、実際よりも年収が低くなってしまうことによって審査にも不利になってしまいます。気を付けて記入してくださいね。

アメックス・ゴールドの審査難易度と突破方法はこちら

まとめ

アメックス・ゴールドカードは、約30,000円という高額な年会費にも関わらず、ゴールドカードの中でも不動の人気を誇っています。

ここまで読んでいただいたあなたには、その理由、そしてアメックス・ゴールドの魅力をお分かりいただけたのではないでしょうか。

通常のゴールドカードをしのぐ、プラチナクラスの優待や特典は一度体験してみて損はありません。

海外旅行をもっと楽しみたい!

ワンランク上のレストランで極上のひとときを過ごしたい!

そんなあなたは、ぜひ一度試してみて、自分自身の感覚でアメックス・ゴールドカードの魅力をジャッジしてみてくださいね。

 

 

運営者
この記事を書いた人
マネーの博士

管理人であるマネーの博士。節約やポイント還元が大好きなんじゃよ。もちろん得することが大事じゃが、損をしないことが最も大事だと考えておる。またステータスの高いクレジットカードが好きで、特にアメックスブランドを愛しておるぞ。何か質問があれば、Twitter等で遠慮なく聞いておくれ。

AMEX(アメックス)が年会費無料で持てるおすすめのクレジットカード|セゾン提携カードならAMEXブランドが無料で発行可能!アメックスの掟

コメント

タイトルとURLをコピーしました