白猫が博士に 「マイルがたくさん貯まるクレジットカードを教えて!」 と強く言っているシーン(背景にANAマイル・JALマイルのロゴ)

マイルを貯めたいけど、どれが一番マイルが貯まるのか全くわからない…。

飛行機移動や旅行でマイルがあれば、ビジネスクラスやファーストクラスもお得にフライトができることから、マイルを貯める方はすごく多いですよね。

しかし、マイルの性質上すごくややこしい内容が多い為、実際にどのクレジットカードが一番マイルが貯まりにくいのかがわからないという声も多くあります。

ウィーちゃんウィーちゃん

マイルって言っても種類も多いし、ホントにどのクレジットカードでマイルを貯めていいかわかりづらいよね。。

そこで当記事では、

  • マイルの還元率が高いおすすめなクレジットカード
  • 一般カード、ゴールドカード、プラチナカード別
  • マイルや航空アライアンスの種類

上記のことを順番に解説していきます。

まずはマイルの還元率が高いおすすめのクレジットカードから紹介していきましょう!

マイルの還元率が高いカードはJALSuicaカード

記事の目次

マイルの還元率が高いおすすめクレジットカード|一般カード編

普段から飛行機の利用が多い方にとって嬉しいのが、マイルの還元率が高いクレジットカードですよね。

そこでここではまず、比較的マイルを貯めやすい一般カードを紹介していきたいと思います。

  • JALカードSuica
  • JALカード TOKYU POINT ClubQカード
  • 学生専用JALカード navi
  • ANA VISAカード
  • ソラチカカード ANA To Me CARD PASMO
  • MileagePlusセゾンカード
  • イオンJMBカード

それぞれどのような特徴があるのか気になりますね。

早速、各カードの基本情報とスペックを見ていきましょう。

JALマイルを貯めるならこのJALカードSuicaがおすすめ!

JALカードSuica

年会費2,000円(税抜)
基本還元率一般加盟店:0.5%
JALカード特約店:1%
国際ブランドJCB
ETCカード477円(税抜)
家族カード1,000円(税抜)

 

JALカードSuicaはその名の通り、JALカードと電子マネーのSuicaが一体型となったクレジットカードです。

JALカードSuicaでは200円の利用で1マイルが付与されるため、基本還元率は0.5%ですが、年会費3,000円(税抜)のショッピングマイル・プレミアムに加入すると、マイル付与率が2倍になります。

ショッピングマイルプレミアム
JALマイルを貯めるなら加入は欠かせない!
年会費一般加盟店JALカード特約店
ショッピングマイル・プレミアム
未加入
2,000円(税抜)0.5%1%
ショッピングマイル・プレミアム
加入
5,000円(税抜)1%2%

 

仮に1マイル=2円と想定した場合、ショッピングマイル・プレミアムへ加入するかどうかの損益分岐点は、一般加盟店なら300,000円(税抜)、JALカード特約店なら150,000円(税抜)となります。

ショッピングマイル・プレミアムへの加入が本当にお得なのかについては『JALカードのショッピングマイルプレミアムは本当にお得!?入会する損益分岐点を解説!』の記事で詳しく解説しています。

 

JALカード特約店とJAL eマイルパートナーの利用で効率よくマイルが貯まる

JAL eマイルパートナー
経由するだけでKALマイルの還元率がアップ!

JALカードSuicaで効率よくマイルを貯めるためには、JALカード特約店や『JAL eマイルパートナー』を上手に活用する必要があります。

JALカード特約店では付与されるマイルが2倍となり、JAL eマイルパートナーを経由してネット通販を利用すると、0.5%〜1%のマイルを上乗せで享受することができます。

以下、対象となっている加盟店を記載しておきますので、ぜひ積極的に活用してみてください。

JALカード特約店
  • JALグループ航空券
  • 機内販売
  • 通信販売
  • イオン
  • ファミリーマート
  • ピーコックストア
  • マツモトキヨシ
  • ウェルシア
  • ENEOS
  • トヨタレンタカー
  • オリックスレンタカー
  • 日産レンタカー
  • タイムズレンタカー
  • ロイヤルホスト
  • 大江戸温泉物語
  • ハウステンボス
  • 大丸
  • 松坂屋
  • 岩田屋
  • サマンサタバサ
  • リーガルシューズ
  • メガネスーパー
  • サカイ引越センター
  • 日本通運
JAL eマイルパートナー
上乗せされるマイル対象店舗
200円の利用につき
1マイル
・Amazon
・LOHACO
・SEIYUドットコム
・一休.com
・エクスペディア
・Apple Store
・EDION
・Joshin
・ノジマ
・阪急百貨店
・阪神百貨店
・イオンショップ
・ABC-MART.net
100円の利用につき
1マイル
・JALショッピング
・JAL機内販売
・ベルメゾンネット
・ニッセン
・爽快ドラッグ
・FANCL
・DHC
・Oisix
・ドミノピザ
・ニッポンレンタカー
・紀伊國屋書店
・伊勢丹オンラインストア
・三越オンラインストア
・高島屋オンラインストア
・大丸松坂屋オンラインストア
・東急百貨店ネットショッピング
・小田急オンラインショッピング
・マルイウェブチャネル
・i LUMINE
・GAP
・JINS
・グルーポン

 

JALカードSuicaがおすすめな人

  • JALマイルをガッツリ貯めたい人
  • JAL系列やネット通販の利用頻度が多い人
  • 先得でJAL系列をお得に利用したい人
  • Suicaへのオートチャージでポイント2重取りをしたい人

 

東急でもお得に!JALカード TOKYU POINT ClubQカード

JALカード TOKYU POINT ClubQ

年会費2,000円(税抜)
基本還元率一般加盟店:0.5%
JALカード特約店:1%
国際ブランドVISA/MasterCard
ETCカード無料
新規発行手数料:1,000円(税抜)
家族カード1,000円(税抜)

 

JALカード TOKYU POINT ClubQカードは、JALカードと東急カードが提携して発行されたクレジットカードです。

前述のJALカードSuicaと同様に、JALカード TOKYU POINT ClubQカードでは200円の利用で1マイルが付与される仕様ですが、年会費3,000円(税抜)のショッピングマイル・プレミアムに加入することで、マイル付与率を2倍に高めることができますよ。

ショッピングマイルプレミアム
JALマイルを貯めるなら加入は欠かせない!
年会費一般加盟店JALカード特約店
ショッピングマイル・プレミアム
未加入
2,000円(税抜)0.5%1%
ショッピングマイル・プレミアム
加入
5,000円(税抜)1%2%

 

JALカード特約店、JAL eマイルパートナーの他、東急系列でもポイントが貯まる

東急ハンズ
東急グループでポイントが上乗せ!

JALカード TOKYU POINT ClubQカードの会員は以下の通り、JALカード特約店やJAL eマイルパートナーの他、東急系列でもポイントを貯めることができます。

  • JALカード特約店の利用:マイル付与率が2倍
  • JAL eマイルパートナーの経由:0.5%〜1%のマイルが上乗せ
  • 東急系列の利用:1%〜10%のTOKYU POINTが上乗せ(JALマイルとTOKYU POINTの2重取り)

東急系列の利用で獲得できるTOKYU POINTは、2,000ポイント→1,000JALマイルの比率で交換することができます。

JALカード特約店やJAL eマイルパートナーの対象となっている店舗は先ほど紹介した通りです。

以下、東急系列でポイントの上乗せがある店舗を示しておきましょう。

東急系列
上乗せされるTOKYU POINT加盟店
100円の利用ごとに
1ポイント
・東急ハンズ
・ランキンランキン
・109シネマズ
・東急ステイ
・東急旅行センターテコプラザ
100円の利用ごとに
2ポイント
・渋谷ヒカリエ
・渋谷ストリーム
・たまプラーザテラス
・武蔵小杉東急スクエア
・青葉台東急スクエア
・八王子東急スクエア
・みなとみらい東急スクエア
・香林坊東急スクエア
・静岡東急スクエア
100円の利用ごとに
3ポイント
・二子玉川ライズ S.C.
・日吉東急アベニュー
・東急プラザ
・港北東急 S.C.
・レミィ五反田/町田
・町田東急ツインズ
・SHIBUYA 109
100円の利用ごとに
3〜10ポイント
・東急百貨店
・ShinQs

 

JALカード TOKYU POINT ClubQカードがおすすめな人

  • JALマイルをガッツリ貯めたい人
  • JAL系列や東急百貨店系列の他、ネット通販の利用頻度が多い人
  • 先得でJAL系列をお得に利用したい人
  • PASMOへのオートチャージでポイント2重取りをしたい人

 

学生ならこのカード!学生専用JALカード navi

JALカード navi

年会費無料
基本還元率一般加盟店:1%
JALカード特約店:2%
国際ブランドVISA/MasterCard/JCB
ETCカード無料
新規発行手数料:1,000円(税抜)
家族カードなし

 

学生専用JALカード naviは、高校生を除く18歳以上30歳未満の学生が作成できるクレジットカードであり、航空系では異例の年会費無料かつ、ショッピングマイル・プレミアムの年会費が無料となっています。

また、JALカード naviでは減額マイルキャンペーンが展開されており、通常のJALカードよりも少ないマイルで航空券をゲットすることができます。

たとえば、東京-沖縄間を往復する場合、通常のJALカードとJALカード naviではここまで差が開いてしまいます。

通常マイルJALカード naviの会員
普通席15,000マイル6,000マイル
クラスJ19,000マイル10,000マイル

 

ここまでを踏まえて考えると、現在在学中の方は学生専用JALカード naviを選ばない理由がないと言えるでしょう。

JALカード特約店とJAL eマイルパートナーの利用で効率よくマイルが貯まる

学生専用JALカード naviはいつでもどこでも1%の還元を享受できるクレジットカードです。

JALカード特約店やJAL eマイルパートナーを活用することで、じゃんじゃんマイルを稼いでいくことができます。

  • JALカード特約店の利用:マイル付与率が2倍
  • JAL eマイルパートナーの経由:0.5%〜1%のマイルが上乗せ

なお、JALカード特約店やJAL eマイルパートナーの対象となっている店舗は前述した通りです。

学生専用JALカード naviがおすすめな人

  • 学生でマイルが貯まるカードが欲しい人
  • 完全無料で航空系のカードを持ちたい人
  • 通常よりもお得にフライトを利用できる減額マイルキャンペーンに魅力を感じる人
  • 国内線で大幅割引を享受できるスカイメイトサービスに魅力を感じる人

 

ANAマイルの定番!ANA VISAカード

ANA一般カード

年会費初年度:無料
2年目以降:2,000円(税抜)
基本還元率一般加盟店:0.5%~
ANAカード特約店:1%〜1.5%
国際ブランドVISA
ETCカード500円(税抜)
※年に1度でもカード利用があれば無料
家族カード1,000円(税抜)

 

ANA VISAカードでは1,000円の利用につき、1ポイントのワールドプレゼントポイント(1ポイント=5円相当)が貯まります。

ANA VISAカードの利用で貯まったワールドプレゼントポイントは、ANAマイルに移行する場合、以下のいずれかのコースを選択することができます。

コース交換レート移行手数料
5マイルコース1ポイント→5マイル無料
10マイルコース1ポイント→10マイル6,000円(税抜)/年

 

10マイルコースにしたいけど、手数料が高いですね!」と思われる方もいるかと思いますが、6,000円(税抜)の年会費は、実際にポイントをマイルに移行した年しか発生しません。

  • 毎年ポイントをマイルに交換する場合:年会費6,000円(税抜)
  • 2年に1回、ポイントをマイルに交換する場合:実質年会費3,000円(税抜)
  • 3年に1回、ポイントをマイルに交換する場合:実質年会費2,000円(税抜)

このように考えれば、10マイルコースを選択するのも悪くないですよね。

また、ワールドプレゼントポイントは以下の通り、ANAマイル以外のマイルやポイントにも交換ができます。

ここでは主なものだけを記載しているため、詳しくは『公式サイト』にて確認してみてください。

交換先必要なポイント交換後
ANAマイル1ポイント5マイル or 10マイル
楽天スーパーポイント1ポイント5ポイント
Tポイント1ポイント4ポイント
dポイント1ポイント5ポイント
au WALLETポイント1ポイント5ポイント
nanacoポイント1ポイント4ポイント
Pontaポイント1ポイント4ポイント
スターバックスカード1ポイント4円
楽天Edy1ポイント4円
WAONポイント1ポイント4〜5ポイント
Amazonギフト券1ポイント5円

 

ありとあらゆるシーンで還元率はアップする

ポイントUPモール
経由するだけでポイント還元率UP!

ANA VISAカードの基本還元率は0.5%とそこまで優れているわけではありません。

ですが、ANAカード特約店や各種モールを上手に活用することで、ありとあらゆるシーンで還元率をアップさせることができます。

ANAカード特約店0.5%〜1%のマイルが上乗せ
ポイントUPモール通常の2倍〜20倍のワールドプレゼントポイントが付与
※ポイントUPモールで獲得した分のポイントは1ポイント=3ANAマイルの交換レート
ANAマイレージモール0.3%〜1%のマイルが上乗せ
ココイコ!事前エントリーで、ワールドプレゼントポイントかキャッシュバックを享受できる
※ココイコ!で獲得した分のポイントは1ポイント=3ANAマイルの交換レート

 

やはりANAマイルを中心に貯めるのであれば、ANAマイルを直接獲得できるANAカード特約店や『ANAマイレージモール』の利用が特におすすめですよ。

ANAマイレージモール
マイルの上乗せならマイレージモールを活用しよう!
ANAカード特約店
  • ANA航空券/機内販売
  • セブンイレブン
  • ENEOS
  • 出光
  • エッソ/モービル/ゼネラル
  • ニッポンレンタカー
  • スターバックス
  • マツモトキヨシ
  • 阪急百貨店
  • 阪神百貨店
  • サカイ引越センター
  • 東京無線タクシー
ANAマイレージモール
優遇内容対象店舗
300円の利用につき
1マイルが上乗せ
・Yahoo!ショッピング
・ヤフオク!
・ユニクロオンラインストア
200円の利用につき
1マイルが上乗せ
・楽天市場
100円の利用につき
1マイルが上乗せ
・LOHACO
・セブンネットショッピング
・ベルメゾンネット

 

ANA VISAカードがおすすめな人

  • ANAマイルをガッツリ貯めたい人
  • ANA系列を始め、様々なシーンにおいて還元率を高めたい人
  • 多種多様なポイントやマイルに交換可能なポイント制度に魅力を感じる人
  • 電子マネーiDを活用したい人

 

定期代でもポイント還元!ソラチカカード ANA To Me CARD PASMO

ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)

年会費初年度:無料
2年目以降:2,000円(税抜)
基本還元率一般加盟店:0.5%
ANAカード特約店:1%〜1.5%
国際ブランドJCB
ETCカード無料
家族カード初年度無料
2年目以降:1,000円(税抜)

 

ソラチカカード ANA To Me CARD PASMOでは、マルチポイントコースかマイル自動移行コースを選択することができます。

コース移行手数料
マルチポイントコース1,000円/1ポイントのOki Dokiポイント
(1ポイント5円相当)
無料
マイル自動移行コース5マイルコース1,000円につき5マイル無料
10マイルコース1,000円につき10マイル5,000円(税抜)/年

 

他社ポイントに交換できるOki Dokiポイントを貯めたい場合はマルチポイントコースがおすすめです。

しかし、直接マイルを貯めたい方は、マイル自動コースを選ぶとポイント移行の必要がなくて楽ですね。

ちなみに、Oki Dokiポイントには以下のような交換先が用意されています。こちらも合わせて参考にしてみてください。

交換先必要なポイント交換後
nanacoポイント200ポイント1,000ポイント
楽天スーパーポイント200ポイント800ポイント
WAONポイント200ポイント800ポイント
Tポイント500ポイント2,000ポイント
dポイント200ポイント800ポイント
au WALLETポイント200ポイント800ポイント
ビックポイント200ポイント1,000ポイント
スターバックスカードへのチャージ200ポイント800ポイント
JALマイル500ポイント1,500マイル
ANAマイル500ポイント1,500マイル

 

様々なシーンでお得に還元率を高める

ソラチカカード ANA To Me CARD PASMOは以下の通り、様々なシーンでお得にポイントやマイルを貯めることができます。

ANAカード特約店0.5%〜1%のANAマイルが上乗せ
ANAマイレージモール0.3%〜1%のANAマイルが上乗せ
Oki Dokiランド通常の2倍〜20倍のOki Dokiポイントが付与
東京メトロへの乗車平日 :1乗車5メトロポイントが付与
土休日:1乗車15メトロポイントが付与
メトロポイントPlus加盟店0.5%〜1%のメトロポイントが付与

 

ご覧の通り、ANAマイルの他、Oki Dokiポイントやメトロポイントを貯めることもできます。

ソラチカカード ANA To Me CARD PASMOの会員は、獲得したメトロポイントを10対9の交換レートでANAマイルに移行できます。

通常のTo Me CARDの場合、交換レートは10対6となっているため、10対9のレートでANAマイルに移行できるソラチカカード ANA To Me CARD PASMOは非常に優秀と言えます。

ANAカード特約店やANAマイレージモールの対象となっている店舗は先ほど紹介した通りです。

ここではメトロポイントPlus加盟店のみ紹介しておきましょう。

メトロポイントPlus加盟店
  • METRO’S
  • Echika
  • Echika fit
  • Metro pia
  • Esola
  • 自動販売機及びコインロッカー等ロゴ掲出先

ソラチカカード ANA To Me CARD PASMOがおすすめな人

  • ANAカード、To Me CARD、PASMO定期券が三位一体型に魅力を感じる人
  • ANA系列を始め、様々なシーンにおいて還元率を高めたい人
  • メトロポイントをお得にANAマイルに交換したい人

 

マイルアップ加入で1.5%還元!MileagePlusセゾンカード

MileagePlusセゾンカード

年会費1,500円(税抜)
基本還元率一般加盟店:0.5%~
コスモ石油:1%~
国際ブランドVISA/MasterCard/AMEX
ETCカード無料
家族カードなし

 

MileagePlusセゾンカードはユナイテッド航空のマイレージプラスマイルを直接貯めることができます。

通常は1,000円につき5マイルが還元される仕様ですが、年会費5,000円(税抜)のマイルアップメンバーズに加入することで、マイル付与率が1.5%に跳ね上がります。

メモ
マイルを貯めるなら絶対にマイルアップメンバーズに加入するのがおすすめ。MileagePlusセゾンカードを利用する最大のメリットを活用しないと損ですよ。

なお、MileagePlusセゾンカードの利用で貯まるマイレージプラスは、ユナイテッド航空で利用できる他、ANAを始めとするスターアライアンス提携の航空会社の特典航空券にも交換することができますよ。

コスモ石油なら還元率最大2%

MileagePlusセゾンカードでガンガンマイルを貯めていきたいのであれば、マイルアップメンバーズに加入するのがおすすめ。

そして、最も高還元率を享受できるのは特別提携加盟店に指定されているコスモ石油です。

年会費一般加盟店コスモ石油
通常1,500円(税抜)1,000円につき5マイル1,000円につき15マイル
マイルアップメンバーズ加入6,500円(税抜)1,000円につき10マイル1,000円につき20マイル

 

バイクや自動車を利用する頻度が高い方であれば、面白いようにマイルをザクザク貯めていくことができそうですね。

MileagePlusセゾンカードがおすすめな人

  • マイルの還元を最大に高めたい人
  • 毎年500マイルがもらえるサンクスマイルの特典に魅力を感じる人(AMEX)
  • コスモ石油の利用機会が多い人
  • 西友やリヴィン、サニーなどで5%オフを享受したい人

 

イオンJMBカード

イオンJMBカード

年会費無料
基本還元率0.5%~
国際ブランドVISA/MasterCard/JCB
ETCカード無料
家族カード無料

 

イオンJMBカードはイオンカードとJALマイレージバンク、電子マネーWAONが三位一体となった1枚です。

通常は200円の利用につき、1マイルの還元が得られます。

メモ
マイルが貯まるクレジットカードで年会費無料のカードはほとんどない為、まずは手軽に貯めたいという方はこのイオンJMBカードがおすすめです。

また、イオンJMBカードの特徴として、イオン系列で5%オフや、大幅な還元率のアップなど、多大なメリットを享受できることが挙げられます。

JALマイルをダイレクトに貯めたい方はもちろんですが、イオン系列の利用頻度が高い方や、WAONを普段使いしている方にとっても相性が良いのがイオンJMBカードと言えるでしょう。

毎月10日は獲得マイルが5倍

ありが10デー
イオンJMBカードならマイルが5倍!

イオンJMBカードの基本還元率は0.5%ですが、毎月10日のありが10デーにおいてはなんと、通常の5倍の2.5%のマイルが付与されます。

また、毎月5日・15日・25日のお客さまわくわくデーでは、WAON決済によって通常の2倍のマイル還元を得ることができます。

キャンペーン還元率決済方法
ありが10デー2.5%クレジット決済
WAON決済
お客さまワクワクデー1%WAON決済のみが対象

 

せっかく同じ買い物をするのであれば、少しでも還元率が高い方が良いですよね。

イオンJMBカードを活用するのであればぜひ、可能な限りありが10デーやお客さまワクワクデーなどのキャンペーン時にまとめ買いをしましょう。

イオンJMBカードがおすすめな人

  • 年会費が完全無料でマイルを貯めたい人
  • クレジットカード、JALマイレージバンク、電子マネーWAONの三位一体型に魅力を感じる人
  • イオン系列や電子マネーWAONの利用頻度が多い人

 

マイルの還元率が高いおすすめクレジットカード|ゴールドカードカード編

一般カードじゃちょっと物足りない!

せっかく持つならステータスが感じられる1枚が良い!

このように思われる方におすすめなのが、以下のようなマイル還元率に優れたゴールドカードです。

早速、それぞれのゴールドカードの特徴を見ていきましょう。

ホテル系や旅行に強い!SPGアメックスカード

SPGアメックスカード

年会費31,000円(税抜)
基本還元率一般加盟店:1%~
Marriott Bonvey:2%~
国際ブランドAMEX
ETCカード無料
新規発行手数料:850円(無料)
家族カード15,500円(税抜)

 

SPGアメックスカードでは、100円の利用で3ポイントのMarriott Bonvoyポイントを獲得できます。

Marriott Bonvoyポイントってどうやって使うの?

と思われる方もいるかもしれませんが、Marriott Bonvoyポイントは、130の国と地域に6,700軒以上点在しているMarriott Bonvoy参加ホテルにて、無料宿泊特典に交換できるポイントです。

シェラトンホテル宿泊
シェラトンホテルやマリオットでお得!
シェラトンホテル宿泊
無料でグレードアップも!

また、以下のような様々なマイルに手数料なしで交換することもできるため、非常に使い道の幅は広いと言えるでしょう。

航空会社マイル換算値(ポイント:マイル)
ANA3:1
JAL
エーゲ航空
アエロメヒコクラブプレミア
アエロプラン/エアカナダ空港
エアベルリン
中国国際航空コンパニオン
アラスカ航空
アリタリア航空ミッレミリア
アメリカン航空アドバンテージ
エアアジアマイル
アシアナ航空
ブリティッシュエアウェイズ・エグゼクティブクラブ
中国東方航空
中国南方航空スカイパールクラブ
デルタ航空スカイマイル
エミレーツスカイワーズ
エティハド航空
フライングブルー
海南航空
ハワイアン航空
ラン航空ラタムパス
ジェットエアウェイズ
大韓航空
マイルズ&モア
カタール航空
サウジアラビア航空
シンガポール航空クリスフライヤー
タイ国際航空ロイヤルオーキッドプラス
ユナイテッドマイレージプラス
フライングクラブ(ヴァージンアトランティック航空)
ヴァージンオーストラリア
Golスマイル6:1
ニュージーランド航空&エアポインツ200:1

 

ちなみに、1回の手続きで60,000Marriott Bonvoyポイントを一気に交換すると、ボーナスポイントとして15,000ポイントが付与されることも覚えておきましょう。

Marriott Bonvoy参加ホテルでザクザクポイントが貯まる

Marriott Bonvoy
世界中のホテルが参加している

SPGアメックスカードの基本還元率ですが、Marriott Bonvoy参加ホテルでは通常の2倍である6%の還元を享受することができます。

  • 基本還元率:1%
  • Marriott Bonvoy参加ホテル:2%

Marriott Bonvoy参加ホテルにはどういうところがありますか?」という方のために、主な対象のホテルを記載しておきましょう。

  • シェラトン都ホテル大阪
  • 神戸ベイシェラトンホテル&タワーズ
  • ウェスティンホテル淡路リゾート&コンファレンス
  • 横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ
  • ウェスティンホテル大阪
  • ウェスティン都ホテル京都
  • 名古屋マリオットアソシアホテル
  • 軽井沢マリオットホテル
  • シェラトン都ホテル東京
  • ウェスティンホテル東京
  • シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル
  • 東京マリオットホテル
  • ウェスティンリスツリゾート
  • ザ・リッツ・カールトン大阪
  • ザ・リッツ・カールトン沖縄
    » 公式サイト

旅行で宿泊される際にはぜひ、Marriott Bonvoy参加ホテルに目を向けてみてくださいね。

SPGアメックスカードがおすすめな人

  • ANA/JALのマイルどちらも貯めたい人
  • Marriott Bonvoy ゴールドエリートの資格を取得したい人
  • 40社以上のマイルに手数料なしで交換できるポイント制度に価値を感じる人
  • 毎年もらえる高級ホテルの無料宿泊特典に魅力を感じる人
  • 国内の主要空港ラウンジを利用したい人
  • 国内外の旅行傷害保険に加え、様々なプロテクションで安心感を備えておきたい人

 

ANAマイルをより多く貯めるならANA VISAワイドゴールドカード

ANA VISA ワイドゴールドカード

年会費14,000円(税抜)
基本還元率一般加盟店:0.5%~
ANAカード特約店:1%〜1.5%
国際ブランドVISA
ETCカード500円(税抜)
※前年に1度でもカード利用があれば無料
家族カード4,000円(税抜)

 

ANA VISAワイドゴールドカードでは、1,000円の利用につき1ポイントのワールドプレゼントポイントが付与されます。

一般カードのANA VISAカードとは異なり、ANA VISAワイドゴールドカードは10マイルコースが自動的に適用されるため、1ポイントを10ANAマイルに手数料無料で交換できるのがアドバンテージです。

  • ANA VISA一般カード:有料
  • ANA VISAワイドゴールドカード:無料で交換できる

この点を踏まえて考えると、ANA VISAワイドゴールドカードはANAマイルを効率よく貯める上で最安値のゴールドカードだと言えます。

なお、カード利用で獲得したワールドプレゼントポイントは、ANAマイル以外にも、以下のようなマイルやポイントに交換することもできます。

ここでは主なものだけを記載しているため、詳しくは『公式サイト』にて確認してみてください。

交換先必要なポイント交換後
ANAマイル1ポイント10マイル
楽天スーパーポイント1ポイント5ポイント
Tポイント1ポイント4ポイント
dポイント1ポイント5ポイント
au WALLETポイント1ポイント5ポイント
nanacoポイント1ポイント4ポイント
Pontaポイント1ポイント4ポイント
スターバックスカード1ポイント4円
楽天Edy1ポイント4円
WAONポイント1ポイント4〜5ポイント
Amazonギフト券1ポイント5円

 

ありとあらゆるシーンで還元率はアップする

ANAマイレージモール
マイルの上乗せならマイレージモールを活用しよう!

ANA VISAワイドゴールドカードでは以下の通り、ANAカード特約店や各種モールを上手に活用することで、ありとあらゆるシーンで還元率をアップさせることができます。

ANAカード特約店0.5%〜1%のマイルが上乗せ
ポイントUPモール通常の2倍〜20倍のワールドプレゼントポイントが付与
※ポイントUPモールで獲得した分のポイントは1ポイント=3ANAマイルの交換レート
ANAマイレージモール0.3%〜1%のマイルが上乗せ
ココイコ!事前エントリーで、ワールドプレゼントポイントかキャッシュバックを享受できる
※ココイコ!で獲得した分のポイントは1ポイント=3ANAマイルの交換レート

 

ポイントUPモールやココイコ!で貯まるボーナスポイントは、1ポイント=3マイルの交換レートになってしまうため、ANAマイルを貯めたいのであればやはり、ANAカード特約店やANAマイレージモールの利用がおすすめですよ。

なお、ANAカード特約店やANAマイレージモールの対象となっている店舗は前述した通りです。

ANA VISAワイドゴールドカードがおすすめな人

  • ANAマイルを貯める上での最安値のゴールドカードを持ちたい人
  • 将来的にSFCを取得したい人
  • ANA系列をお得に活用したい人
  • 国内の主要空港ラウンジを利用したい人
  • いつでも医師に相談できるドクターコール24に魅力を感じる人

 

充実した補償やブランド力が魅力のANAアメックスゴールドカード

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

年会費31,000円(税抜)
基本還元率一般加盟店:1%
ANAカード特約店:1.5%〜2%
国際ブランドAMEX
ETCカード無料
新規発行手数料:850円(税抜)
家族カード年会費:15,500円(税抜)
※初年度無料のキャンペーンが展開中

 

ANAアメックスゴールドカードでは100円の利用につき、1ポイントのメンバーシップリワードのポイントを獲得することができます。

メンバーシップリワードのポイントは以下のレートでANAマイルに交換可能となっています。

  • 1,000ポイント→1,000マイル

ちなみに一般カードのANAアメックスカードの場合、ポイントをANAマイルに移行するには年6,000円(税抜)のポイント移行コースへの登録が必要です。

この点を踏まえると、ANAアメックスゴールドカードはストレスフリーでANAマイルを貯めることができる1枚と言えますね。

ANAカード特約店やANAマイレージモールで効率よく還元率を上げる

ANAマイレージモール
マイルの上乗せならマイレージモールを活用しよう!

ANAアメックスゴールドカードの会員は、ANAマイルの上乗せを享受できるANAカード特約店や『ANAマイレージモール』を上手に活用することで、効率よく還元率を高めていくことができます。

ANAカード特約店
  • ANA航空券/機内販売
  • セブンイレブン
  • ENEOS
  • 出光
  • エッソ/モービル/ゼネラル
  • ニッポンレンタカー
  • スターバックス
  • マツモトキヨシ
  • 阪急百貨店
  • 阪神百貨店
  • サカイ引越センター
  • 東京無線タクシー
ANAマイレージモール
優遇内容対象店舗
300円の利用につき
1マイルが上乗せ
・Yahoo!ショッピング
・ヤフオク!
・ユニクロオンラインストア
200円の利用につき
1マイルが上乗せ
・楽天市場
100円の利用につき
1マイルが上乗せ
・LOHACO
・セブンネットショッピング
・ベルメゾンネット

 

せっかくANAアメックスゴールドカードを持つのであれば、こうした加盟店の存在を意識しつつ、カードを利用していきたいですね。

ANAアメックスゴールドカードがおすすめな人

  • 手数料なしでポイントをANAマイルに交換したい人
  • ANA系列をお得に利用したい人
  • 国内の主要空港ラウンジを活用したい人
  • アメリカン・エキスプレス・コネクトの優待を享受したい人
  • 国内外の旅行傷害保険で安心感を備えておきたい人

 

常にマイルの還元率が2倍に!JALカードSuica CLUB-Aゴールドカード

JALカードSuica CLUB-Aゴールドカード

年会費19,000円(税抜)
基本還元率一般加盟店:1%~
JALカード特約店:2%
国際ブランドJCB
ETCカード無料
家族カード8,000円(税抜)

 

JALカードSuica CLUB-Aゴールドカードは一般カードのJALカードSuicaとは異なり、還元率が2倍となるショッピングマイルが自動的に適用されます。

いつでもどこでも常に最低1%の還元が得られるのは嬉しいですよね。

メインカードとして利用するならこのJALカードSuica CLUB-Aゴールドカードで充分年会費以上のマイルを稼いでくれますよ。

JALカード特約店とJAL eマイルパートナーの利用で効率よくマイルが貯まる

JALカードSuica CLUB-Aゴールドカードで効率よくマイルを貯めるためにはやはり、JALカード特約店やJAL eマイルパートナーを積極的に活用するのが得策です。

JALカード特約店
  • JALグループ航空券
  • 機内販売
  • 通信販売
  • イオン
  • ファミリーマート
  • ピーコックストア
  • マツモトキヨシ
  • ウェルシア
  • ENEOS
  • トヨタレンタカー
  • オリックスレンタカー
  • 日産レンタカー
  • タイムズレンタカー
  • ロイヤルホスト
  • 大江戸温泉物語
  • ハウステンボス
  • 大丸
  • 松坂屋
  • 岩田屋
  • サマンサタバサ
  • リーガルシューズ
  • メガネスーパー
  • サカイ引越センター
  • 日本通運
JAL eマイルパートナー
上乗せされるマイル対象店舗
200円の利用につき
1マイル
・Amazon
・LOHACO
・SEIYUドットコム
・一休.com
・エクスペディア
・Apple Store
・EDION
・Joshin
・ノジマ
・阪急百貨店
・阪神百貨店
・イオンショップ
・ABC-MART.net
100円の利用につき
1マイル
・JALショッピング
・JAL機内販売
・ベルメゾンネット
・ニッセン
・爽快ドラッグ
・FANCL
・DHC
・Oisix
・ドミノピザ
・ニッポンレンタカー
・紀伊國屋書店
・伊勢丹オンラインストア
・三越オンラインストア
・高島屋オンラインストア
・大丸松坂屋オンラインストア
・東急百貨店ネットショッピング
・小田急オンラインショッピング
・マルイウェブチャネル
・i LUMINE
・GAP
・JINS
・グルーポン

 

ご覧の通り、JALカード特約店では付与されるマイルが2倍となり、『JAL eマイルパートナー』を経由してネット通販を利用すると、0.5%〜1%のマイルを上乗せで享受することができます。

同じ買い物をするのであれば、少しでも還元率が高い方が良いですよね。

JALカードSuica CLUB-Aゴールドカードがおすすめな人

  • 先得でJAL系列をお得に利用したい人
  • 100万円以上のカード利用で毎年もらえる特典(5,000JREポイント)に魅力を感じる人
  • Suicaへのオートチャージでポイント2重取りをしたい人
  • 東京駅内のビューゴールドラウンジを始め、国内の主要空港ラウンジを活用したい人
  • 国内外の旅行傷害保険で安心感を備えておきたい人

 

デルタ上級会員に!デルタ スカイマイルアメックスゴールドカード

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

年会費26,000円(税抜)
基本還元率国内加盟店:1%~
海外加盟店:1.5%
デルタ航空グループ:3%
国際ブランドAMEX
ETCカード無料
新規発行手数料:850円(税抜)
家族カード無料
※2枚目以降:12,000円(税抜)

 

デルタ スカイマイルアメックスゴールドカードでは、100円の利用で直接デルタスカイマイルが1マイル貯まるという仕様になっています。

デルタスカイマイルはデルタ航空グループのフライトに利用できるのはもちろん、アップグレードやパッケージツアー、デルタ航空ギフトカードなど様々な用途があります。

ちなみに、デルタ スカイマイルアメックスゴールドカードを所有すると初年度に限り、デルタ航空の上級会員資格であるゴールドメダリオンが付与されますよ。

デルタ航空グループでの利用なら還元率3%

デルタ スカイマイルアメックスゴールドカードの基本還元率は1%ですが、以下のようなデルタ航空グループにおける利用に対しては3%の還元を享受することができます。

  • アエロメヒコ航空
  • エールフランス航空
  • アリタリア航空
  • 中国東方航空
  • ゴル航空
  • KLMオランダ航空
  • 大韓航空
  • ヴァージンアトランティック航空
  • ヴァージンオーストラリア航空

普段からデルタ航空を利用している方にとって、デルタ スカイマイルアメックスゴールドカードは非常に相性の良い1枚と言えるでしょう。

デルタ スカイマイルアメックスゴールドカードがおすすめな人

  • デルタ航空の上級資格であるゴールドメダリオンを取得したい人
  • 最大25,000マイルのファーストフライトボーナスに魅力を感じる人
  • 国内の主要空港ラウンジの他、世界490以上のスカイチームの空港ラウンジを利用したい人
  • アメリカン・エキスプレス・コネクトの優待を享受したい人
  • 国内外の旅行傷害保険に加え、各種プロテクションで安心感を備えておきたい人

 

常時1.5%還元が魅力!MileagePlusセゾンゴールドカード

MileagePlusセゾンゴールドカード

年会費20,000円(税抜)
基本還元率1.5%~
国際ブランドVISA/MasterCard/AMEX
ETCカード無料
家族カード5,000円(税抜)

 

MileagePlusセゾンゴールドカードは1,000円の利用につき、ユナイテッド航空のマイルが15マイル付与されます。

いつでもどこでも1.5%の還元を享受できるのはありがたいですね。

なお、ユナイテッド航空のマイルはユナイテッド航空で利用できるのはもちろん、ANAを始めとするスターアライアンス提携の航空会社の特典航空券にも交換することもできるため、使い勝手に不足はありませんよ。

コスモ石油なら還元率2%

MileagePlusセゾンゴールドカードの基本還元率は1.5%ですが、特別提携加盟店に指定されているコスモ石油においてはなんと、常に2%の還元を享受することができます。

還元仕様還元率
一般加盟店1,000円につき15マイル1.5%
コスモ石油1,000円につき20マイル2%

 

バイクや自動車を利用する頻度が多い!

ガソリンスタンドはコスモ石油が好き!

という方にとって、MileagePlusセゾンゴールドカードは非常におすすめできるクレジットカードと言えるでしょう。

MileagePlusセゾンゴールドカードがおすすめな人

  • 毎年1,500マイルがもらえるサンクスマイルの特典に魅力を感じる人(AMEXのみ)
  • コスモ石油の利用機会が多い人
  • 西友やリヴィン、サニーなどで5%オフを享受したい人
  • 格安オプション保険の『Super Value Plus』を活用したい人
  • 国内外の旅行傷害保険で安心感を備えておきたい人

 

マイルの還元率が高いおすすめクレジットカード|プラチナカード編

どうせなら圧倒的なステータスカードを持ちたい!

マイル付与だけでなく、その他の特典や補償も充実させたい!

このように思われている方におすすめなのが、マイル還元率の高い以下のようなプラチナカードです。

  • ANA VISAプラチナ プレミアムカード
  • JAL JCB プラチナカード
  • MileagePlusセゾンプラチナカード
  • ANAダイナースクラブプレミアムカード
  • ラグジュアリーカード(ブラック)

この辺りのプラチナカードとなると、当然ながらそれなりの年会費が求められます。

ただし、高還元率であることに加え、一般カードやゴールドカードでは決して得られない特典や補償が付帯している上、一瞥しただけで一目置かれるほどのステータスを伴うものばかりです。

以上を踏まえた上で、以下のプラチナカードを比較検討してみてくださいね。

ANA VISAプラチナ プレミアムカード

ANA VISA プラチナ プレミアムカード

年会費80,000円(税抜)
基本還元率一般加盟店:0.5%~
ANAカード特約店:1%〜1.5%
国際ブランドVISA
ETCカード無料
家族カード4,000円(税抜)

 

ANA VISAプラチナ プレミアムカードは各種ANAカードの中でも最高峰に君臨しているステータスカードです。

1,000円の利用で1ポイントのワールドプレゼントポイントが付与されるという仕様ですが、ANA VISAプラチナ プレミアムカードの場合、獲得したワールドプレゼントポイントを15マイルに交換できるという大きなアドバンテージがあります。

したがって、カード利用で貯まったポイントはANAマイルに交換するのが最もお得度合いが高いですが、ワールドプレゼントポイントにはANAマイル以外にも、以下のような交換先が用意されています。

ここでは主なものだけを記載しているため、詳しくは『公式サイト』にて確認してみてください。

交換先必要なポイント交換後
ANAマイル1ポイント15マイル
楽天スーパーポイント1ポイント5ポイント
Tポイント1ポイント4ポイント
dポイント1ポイント5ポイント
au WALLETポイント1ポイント5ポイント
nanacoポイント1ポイント4ポイント
Pontaポイント1ポイント4ポイント
スターバックスカード1ポイント4円
楽天Edy1ポイント4円
WAONポイント1ポイント4〜5ポイント
Amazonギフト券1ポイント5円

 

上記を見ていただければわかる通り、ANAマイルへの交換だけを考えて利用した方が圧倒的に還元率が高くなりますよ。

ANAカード特約店やANAマイレージモールを上手に活用する

ANAマイレージモール
ANAマイル獲得にマイレージモールは欠かせない!

ANA VISAプラチナプレミアムカードの基本還元率は0.5%ですが、ANAカード特約店や『ANAマイレージモール』を活用することで、ANAマイルの上乗せを享受することができます。

ANAカード特約店
  • ANA航空券/機内販売
  • セブンイレブン
  • ENEOS
  • 出光
  • エッソ/モービル/ゼネラル
  • ニッポンレンタカー
  • スターバックス
  • マツモトキヨシ
  • 阪急百貨店
  • 阪神百貨店
  • サカイ引越センター
  • 東京無線タクシー
ANAマイレージモール
優遇内容対象店舗
300円の利用につき
1マイルが上乗せ
・Yahoo!ショッピング
・ヤフオク!
・ユニクロオンラインストア
200円の利用につき
1マイルが上乗せ
・楽天市場
100円の利用につき
1マイルが上乗せ
・LOHACO
・セブンネットショッピング
・ベルメゾンネット

 

ANAカード特約店における上乗せは、0.5%〜1%が基本ですが、ANA航空券や機内販売においてはなんと、2%の上乗せ還元を受けることができます。

同じクレジットカードを使う上でも、どんな場面で利用するかによって、還元率は大きく異なってきますね。

ANA VISAプラチナ プレミアムカードがおすすめな人

  • 高還元率でANAマイルをダイレクトに貯めていきたい人
  • 将来的にSFCを取得したい人
  • 国際線のANAラウンジの他、世界中の空港ラウンジを利用したい人
  • 24時間365日対応のコンシェルジュサービスに魅力を感じる人
  • Visaプラチナ優待を享受したい人

 

JALカード最高峰!JAL JCB プラチナカード

JAL JCBカード プラチナ

年会費31,000円(税抜)
基本還元率一般加盟店:1%~
JALカード特約店:4%
国際ブランドJCB
ETCカード無料
家族カード15,500円(税抜)

 

JAL JCB プラチナカードでは、100円の利用につき1マイルが還元されます。

一般カードのJALカードの場合、ショッピングマイル(税抜3,000円)に加入しなければ1%の還元が得られませんが、JAL JCB プラチナカードはデフォルトで常に1%以上の還元を享受できるのがアドバンテージです。

JALグループでは最大4%の還元

え、4%ももらえるんですか?」と驚かれる方もいるかもしれませんね。

JAL JCB プラチナカードでJALカード特約店を利用した場合、プラチナカードならではの特典として、アドオンマイルが上乗せされます。

  • クレジット決済分のポイントとして1%
  • JALカード特約店利用分のポイントとして1%
  • アドオンマイルとして2%
    合計:4%

本記事ですでに紹介した一般カードのJALカードやJALカードSuica CLUB-Aゴールドカードの場合、JALカード特約店を利用しても2%の還元が限界なので、JAL JCB プラチナカードはザクザクJALマイルを貯める上では打ってつけの1枚と言えるでしょう。

また、『JAL eマイルパートナーネット』を経由すれば、ネット通販においてもJALマイルの上乗せを享受できることもおさえておくと良いですね。

JAL eマイルパートナー
経由するだけでKALマイルの還元率がアップ!
JALカード特約店
  • JALグループ航空券
  • 機内販売
  • 通信販売
  • イオン
  • ファミリーマート
  • ピーコックストア
  • マツモトキヨシ
  • ウェルシア
  • ENEOS
  • トヨタレンタカー
  • オリックスレンタカー
  • 日産レンタカー
  • タイムズレンタカー
  • ロイヤルホスト
  • 大江戸温泉物語
  • ハウステンボス
  • 大丸
  • 松坂屋
  • 岩田屋
  • サマンサタバサ
  • リーガルシューズ
  • メガネスーパー
  • サカイ引越センター
  • 日本通運
JAL eマイルパートナー
上乗せされるマイル対象店舗
200円の利用につき
1マイル
・Amazon
・LOHACO
・SEIYUドットコム
・一休.com
・エクスペディア
・Apple Store
・EDION
・Joshin
・ノジマ
・阪急百貨店
・阪神百貨店
・イオンショップ
・ABC-MART.net
100円の利用につき
1マイル
・JALショッピング
・JAL機内販売
・ベルメゾンネット
・ニッセン
・爽快ドラッグ
・FANCL
・DHC
・Oisix
・ドミノピザ
・ニッポンレンタカー
・紀伊國屋書店
・伊勢丹オンラインストア
・三越オンラインストア
・高島屋オンラインストア
・大丸松坂屋オンラインストア
・東急百貨店ネットショッピング
・小田急オンラインショッピング
・マルイウェブチャネル
・i LUMINE
・GAP
・JINS
・グルーポン

 

JAL JCB プラチナカードがおすすめな人

  • JAL系列における4%還元でザクザクマイルを貯めたい人
  • 先得でJAL系列をお得に利用したい人
  • USJのJCB LOUNGEやJCB LOUNGE 京都などを始め、世界中の空港ラウンジを利用したい人
  • 24時間365日対応のコンシェルジュサービスを活用したい人
  • 充実した国内外の旅行傷害保険で安心感を備えておきたい人

 

上限なく1.5%還元!MileagePlusセゾンプラチナカード

MileagePlusセゾン・プラチナカード

年会費50,000円(税抜)
基本還元率一般加盟店:1.5%~
コスモ石油:2%
国際ブランドVISA
ETCカード無料
家族カード9,000円(税抜)

 

MileagePlusセゾンプラチナカードは1,000円の利用につき15マイルのマイレージプラスを獲得できるクレジットカードです。

マイレージプラスはユナイテッド航空のマイルなので、ユナイテッド航空で利用できるのはもちろん、ANAを始めとするスターアライアンス提携の航空会社の特典航空券にも交換することができます。

ちなみに、本記事ですでに紹介しているMileagePlusセゾンカードやMileagePlusセゾンゴールドカードの場合、AMEXを選択しなければサンクスマイルを獲得できません。

一方、MileagePlusセゾンプラチナカードであれば、VISAでも5,000マイルが毎年プレゼントされる上、Visaプラチナ優待を享受できるのがアドバンテージと言えます。

コスモ石油なら還元率2%

MileagePlusセゾンプラチナカードの基本還元率は1.5%ですが、特別提携加盟店に指定されているコスモ石油においては、2%の還元を享受することができます。

還元仕様還元率
一般加盟店1,000円につき15マイル1.5%
コスモ石油1,000円につき20マイル2%

 

いつでもどこでも1.5%でマイルを貯めていくことができるのも素晴らしいですが、コスモ石油においてはさらに還元率が優遇されます。

ぜひ、ガソリンスタンドを利用する際にはコスモ石油を選択し、効率よくマイルを稼いでいきましょう。

MileagePlusセゾンプラチナカードがおすすめな人

  • 常に1.5%のマイル還元率を得たい人
  • 毎年5,000マイルがもらえるサンクスマイルの特典に魅力を感じる人
  • コスモ石油の利用機会が多い人
  • Visaプラチナ優待を利用したい人
  • 西友やリヴィン、サニーなどで5%オフを享受したい人
  • 格安オプション保険の『Super Value Plus』を活用したい人

 

招待制のステータスカード!ANAダイナースクラブプレミアムカード

ANAダイナースクラブプレミアムカード

年会費155,000円(税抜)
基本還元率一般加盟店:1.5%
ANAカード特約店:2.5%
国際ブランドDiners Club
ETCカード無料
家族カード無料

 

ANAダイナースプレミアムカードはインビテーションを受けることでしか入手できない招待制のカードです。

100円の利用につき、1.5ポイントのリワードポイントが還元される仕様で、直接ANAマイルが貯まるわけではありませんが、貯まったポイントは1:1の交換レートでANAマイルに交換することができます。

もちろん、リワードポイントには以下の通り、ANAマイル以外にも幅広い交換先が用意されていますよ。

マイル・商品券
交換先必要なリワードポイント交換後
ANAマイル1,000ポイント1,000マイル
ANAスカイコイン1,000ポイント1,200コイン
Amazonギフト券5,000ポイント2,000円分
JCBギフトカード6,000ポイント2,000円分
JCBギフトカード13,000ポイント5,000円分
JCBギフトカード70,000ポイント30,000円分
iTunesカード12,000ポイント5,000円分
JTB旅行券13,000ポイント5,000円分
ANA旅行券13,000ポイント5,000円分
JAL旅行券13,000ポイント5,000円分

 

ANAカード特約店やダイナースクラブ加盟店で還元率が上乗せ

ANAダイナースプレミアムカードの基本還元率は1.5%ですが、ANAカード特約店やダイナースクラブ加盟店においては、マイルを上乗せで享受することができます。

以下、対象となっている店舗を見てみましょう。

ANAカード特約店
  • ANA航空券/機内販売
  • セブンイレブン
  • ENEOS
  • 出光
  • エッソ/モービル/ゼネラル
  • ニッポンレンタカー
  • スターバックス
  • マツモトキヨシ
  • 阪急百貨店
  • 阪神百貨店
  • サカイ引越センター
  • 東京無線タクシー
ダイナースクラブ加盟店
  • 箱根ハイランドホテル
  • 熱海ふふ
  • 加賀屋
  • ザ・ペニンシュラ東京
  • シェ松尾
  • 大志満
  • 美濃吉
  • バーバリー

なお、それぞれの加盟店を利用した際に上乗せされる還元は以下の通りです。

  • ANAカード特約店:0.5%〜1%(ANA航空券や機内販売は2%)
  • ダイナースクラブ加盟店:1%

せっかくワンランク上のステータスカードであるANAダイナースクラブプレミアムカードを作成するのであれば、基本還元率の1.5%に胡坐をかくのではなく、ANAカード特約店やダイナースクラブ加盟店も積極的に活用していきたいですね。

ANAダイナースクラブプレミアムカードがおすすめな人

  • ワンランク上の招待制カードを持ちたい人
  • 将来的にSFCを取得したい人
  • 国際線のANAラウンジの他、世界中の空港ラウンジを利用したい人
  • サインレススタイルやごひいき予約など、他のクレジットカードでは得られないダイニング特典を活用したい人
  • 国内外の旅行傷害保険の他、圧倒的なプロテクションで安心感を備えておきたい人

 

金属製で他と差がつく!ラグジュアリーカード(ブラック)

年会費100,000円(税抜)
基本還元率1.25%~
国際ブランドMasterCard
ETCカード無料
家族カード25,000円(税抜)

 

ラグジュアリーカード(ブラック)は一瞥しただけでオーラを感じさせる金属製のカードです。

もちろん、カードそのものの質は一般的なプラスチック製とは比較にもならず、ラグジュアリーカード(ブラック)を所有しているだけで一目置かれるのは間違いありません。

そんなラグジュアリーカード(ブラック)のポイント仕様は以下の通りです。

  • 月間請求合計金額1,000円につき2ポイント
  • 利用明細2,000円毎に1ポイント
  • 1ポイントの価値は5円相当

なお、ラグジュアリーカード(ブラック)で獲得したポイントには、以下のような交換先も用意されています。

ANAマイルだけではなく、様々な使い方があるのは嬉しいですね。

交換先必要なポイント交換後
JALマイル200ポイント600マイル
ANAマイル200ポイント600マイル
マイレージプラス200ポイント600マイル
dポイント200ポイント1,000ポイント
スターバックスカード200ポイント1,000円分
amazonギフト券600ポイント3,000円分
nanacoギフト600ポイント3,000円分
楽天Edy600ポイント3,000円分
JCBギフトカード650ポイント3,000円分

 

アプラスモールの経由で還元率をアップ

アプラスモール
経由するだけで還元率がUP!

ラグジュアリーカード(ブラック)の基本還元率は1.25%ですが、会員限定サイトの『アプラスモール』を経由することで、ネット通販をお得に楽しむことができます。

以下、対象となっている店舗と獲得できる還元率を見てみましょう。

合計還元率対象の店舗
1.75%・楽天市場
・Yahoo!ショッピング
・ベルメゾンネット
・Apple Store
・ユニクロ
・ジーユーオンラインストア
・マルイウェブチャネル
・JAL
・じゃらんnet
・一休.com
2.25%・LOHACO
・dショッピング
・イトーヨーカドー
・Oisix
・ニッセン
・ジャパネットたかた
・ひかりTVショッピング
・ビックカメラ.com
・ソフマップ・ドットコム
・i LUMINE
・ドクターシーラボ
特に優遇・セブンネットショッピング:2.75%
・マツモトキヨシ:2.75%
・TSUTAYAオンライン:2.75%
・DHCオンラインショップ:2.75%
・JALショッピング:2.75%
・伊勢丹オンラインストア:2.75%
・阪急オンラインショップ:2.75%
・小田急オンラインショップ:2.75%
・高島屋オンラインストア:2.75%
・三越オンラインストア:2.75%
・大丸・松坂屋オンラインショップ:2.75%
・東急ハンズネットストア:2.75%
・GAPオンラインストア:2.75%
・爽快ドラッグ:3.25%
・東急百貨店ネットショッピング:3.75%
・JINS公式通販ショップ:3.75%
・TOWER RECORDS ONLINE:3.75%
・紀伊國屋書店ウェブストア:3.75%
・iTunes Store:4.75%
・成城石井.com:6.75%

 

これだけ幅広い店舗が用意されていれば、欲しいものがなくて困るといった心配はなさそうですね。

たった一手間モールを経由するだけで還元率を高めることができるので、ネット通販を利用する際にはぜひ、アプラスモールを忘れずに経由するように心がけましょう。

ラグジュアリーカード(ブラック)がおすすめな人

  • 一瞥しただけでステータス感を漂わせる金属製のカードを持ちたい人
  • 新生銀行のステップアッププログラムの最上位『プラチナステージ』のサービスを享受したい人
  • ラグジュアリーリムジンやラグジュアリーソーシャルアワーなど、他のクレジットカードでは得られないダイニング特典に魅力を感じる人
  • 羽田空港の『TIAT LOUNGE』『TIAT LOUNGE ANNEX』を含め、世界中の空港ラウンジを利用したい人
  • Taste of Premiumの特典を活用したい人

 

知っておきたいマイルの種類と航空アライアンス

マイルの種類と航空アライアンス
主なマイルは4つあると覚えておこう!

さて、ここまではマイル付与率に優れた様々なクレジットカードを紹介してきましたが、ここで改めて、マイルの種類と航空アライアンスについて触れておきたいと思います。

マイルと一口に言っても、実に様々な種類のマイルがあります。

どの航空アライアンスを利用するかで、貯めるべきマイルも異なってくるため、この辺りをしっかりと整理した上で、クレジットカードの選定をすると良いでしょう。

日本で主に利用されるマイルは4種類

マイルの種類は数え上げればキリがないですが、日本国内で主に利用されているマイルは以下の4種類です。

  • ANAマイル(全日本空輸)
  • JALマイル(日本航空)
  • マイレージプラス(ユナイテッド航空)
  • スカイマイル(デルタ航空)

なんだか色々種類が分かれていて使いづらそう!

と思われる方については、ANAマイルかJALマイルを選んでおけば間違いありません。その理由としては、以下のような項目を挙げることができます。

  • 日本語ですべて手続きができる
  • 国内線・国際線ともに日本発着路線が豊富
  • 特典航空券のルートもたくさん
  • 特典航空券以外に、電子マネー、ホテル宿泊、ツアーなどマイルの使い道が豊富
  • 飛行機に乗らずしてマイルを貯められる機会が多い

なお、一旦どこかのマイレージプログラムにマイルを貯め始めると、他のマイレージにマイルを移行することはできないということは覚えておきましょう。

マイルの合算も不可能です。

こちらの内容は、『ANAの公式ホームページ』や『JALの公式ホームページ』にも記載されています。

航空アライアンスは大きく3種類

航空アライアンスは3つ
同じアライアンスならマイルの交換が可能に!

え、じゃあいっつも同じ航空会社を利用しなければマイルは貯まらないの?」と思われる方もいるかもしれませんが、そういうことではありません。

と言うのも、各航空会社は国際規模でグループを作っており、グループ間であればマイルを貯めることができたり、空港ラウンジのサービスも使えるようになっています。

これを航空アライアンスと呼びます。

ここで、航空アライアンスの種類をまとめておきましょう。

航空アライアンス航空会社の数主な航空会社
スターアライアンス28社ANA
ユナイテッド航空
ワンワールド12社JAL
アメリカン航空
スカイチーム19社デルタ航空
エールフランス航空

 

たとえば、本記事で紹介している各種MileagePlusセゾンカードでは、カード利用でユナイテッド航空のマイルを貯めることができますが、こちらはANAマイルの特定航空券に交換することもできます。

ANA系列のクレジットカードじゃないからといって、ANA便を利用する際に不便になるとは限らないことがお分かりいただけるのではないでしょうか。

還元率順に見るANAマイルが貯まるクレジットカード

私はANAマイルを貯めていきたいです!」と思われる方に注目していただきたいのが、ANAマイルが貯まるクレジットカードを還元率順に示した以下の表です。

クレジットカード実質マイル還元率
(基本値)
年会費(税抜)
MileagePlusセゾン
ゴールドカード
1.5%15,000円
MileagePlusセゾン
プラチナカード
1.5%36,000円
ANA VISAプラチナ
プレミアムカード
1.5%80,000円
ANAダイナースクラブ
プレミアムカード
1.5%155,000円
SPGアメックスカード1.25%31,000円
ANA VISAワイド
ゴールドカード
1%14,000円
ANAアメックス
ゴールドカード
1%31,000円
ANA VISAカード0.5%初年度:無料
2年目以降:2,000円
ソラチカカード
ANA To Me CARD PASMO
0.5%初年度:無料
2年目以降:2,000円
MileagePlusセゾンカード0.5%1,500円

 

この中でも一際目を惹くのはMileagePlusセゾンゴールドカードです。

年会費15,000円(税抜)で所有できるゴールドカードであるにもかかわらず、1.5%のマイル還元を享受できるのは素晴らしいですね。

もちろん、マイルの還元率が全てではありませんが、とにかくマイルを効率よく貯めていきたい方であれば、MileagePlusセゾンゴールドカードを作成する価値は大いにあると言えるでしょう。

参考記事» ANAマイルとANA SKYコインの違いと使い分け方

 

還元率順に見るJALマイルが貯まるクレジットカード

ANAマイルよりも、私はJALマイル派です!」という方はぜひ、以下のJALマイルが貯まるクレジットカードを還元率順に示した表を参考にしてみてください。

クレジットカード実質マイル還元率
(基本値)
年会費(税抜)
SPGアメックスカード1.25%31,000円
JAL JCB プラチナカード1%31,000円
JALカードSuica
CLUB-Aゴールドカード
1%19,000円
学生専用JALカード navi1%無料
イオンJMBカード0.5%無料
JALカードSuica0.5%2,000円
JALカード
TOKYU POINT ClubQカード
0.5%2,000円

 

こうして並べてみるとやはり、年会費無料でかつ、1%の還元を誇る学生専用JALカード naviは非常に目立ちます。

30歳未満の学生の方であれば、迷うことなく学生専用JALカード naviを選ぶと良いでしょう。

ちなみに、多少のランニングコストは厭わないという方については、JAL JCB プラチナカードで間違いありません。

基本還元率は1%ですが、JALカード特約店においてはなんと、常に4%もの還元を享受することができるのです。

とにかくガンガンJALマイルを貯めていきたい方にとって、これほどにありがたいスペックを備えているカードは他にありませんよ。

» おすすめのカードを改めて見る

マイルが貯まりやすいクレジットカードを持とう!

世の中には実に様々なクレジットカードがあり、それぞれマイルの貯まりやすさが違うのはもちろん、特典や補償内容も異なってきます。

どのクレジットカードを選ぶかで、お得度合いや節約効果は大きく異なってきますから、クレジットカードの選定に時間をかけるのは大いに価値のあることです。

ぜひ、本記事の内容を改めて振り返っていただき、十分に比較検討をした上で、あなたにぴったりとフィットする1枚を選定しましょう。

» おすすめのカードを改めて見る

記事を書いた人
博士
博士

マネーストアの管理人であるワシは、節約やポイント還元が大好きなんじゃよ。もちろん得することが大事じゃが、損をしないことが最も大事だと考えておる。ぜひ当サイトを参考に、少しでも豊かになることを祈っておるぞ。 何か質問があれば、Twitter等で遠慮なく聞いておくれ。