キャッシングとカードローンの違いは何?事前に知っておきたいお金の借り方まとめ

キャッシングとカードローンの違いは何?事前に知っておきたいお金の借り方まとめ

キャッシングとカードローンには、明確な違いがあります。しかし、2つの違いがよく分からないという方も多いでしょう。

キャッシングはクレジットカードの付帯サービスですから、クレジットカードさえあれば、キャッシング枠内でいつでも利用することができます。

一方で、カードローンを利用する際には、新たに審査が必要になるというのが大きな違いです。

他にも、金利や利用限度額など様々な違いがキャッシングとカードローンにはあります。

お金を借りる時になるべく損をしないよう、今のうちにキャッシングとカードローンの違いを知っておくことが大切です。

そこで、キャッシングとカードローンの違いを、実際のデータを元に分かりやすく解説していきます。

プロミスの審査や金利がお得の図

即日に借りたい方はプロミス

 

楽天銀行カードローン公式HP

少しでも低い金利で借りたい方は楽天銀行カードローンを!

キャッシングとカードローンの違いを比較

クレジットカードのキャッシングとカードローンは、金利や借入れ限度額などが異なります。

キャッシングとカードローンは、どちらも銀行・コンビニATMからお金を借りることができるため、混同されがちですね。

キャッシングとカードローンには、以下のような明確な違いがあります。

  • キャッシング:クレジットカードの付帯サービス
  • カードローン:お金を借りる(ローン)専用のサービス

キャッシングはクレジットカードの付帯サービスなので、お持ちのクレジットカードにキャッシング枠が付いていればいつでも利用可能です。

一方、カードローンは、お金を借りる際にカードローンの審査を受ける必要があります。

また、カードローンが発行するローンカードにはクレジット機能はなく、提携ATMもしくはローン契約機(カードローン会社専用のATM)で、お金を引き出す機能しかありません。

他にもキャッシングとカードローンには様々な違いがあります。

キャッシングとカードローンの金利

一般的に、キャッシングよりもカードローンの方が金利は低く設定されています。代表的なクレジットカードのキャッシングと、カードローンの金利を比べてみましょう。

キャッシングの金利は以下の通りです。

クレジットカード名 金利(実質年率)
楽天カード 18.0%
エポスカード 18.0%
JCBカード 15.0~18.0%
Yahoo!Japanカード 15.0~18.0%
セゾンカード 12.0~18.0%
オリコカード 15.0~18.0%
UCカード 15.0~18.0%

※参照元:楽天カード公式サイトエポスカード公式サイトJCBカード公式サイトYahoo!Japanカード公式サイトセゾンカード公式サイトオリコカード公式サイトUCカード公式サイト

キャッシングの金利は、低くても12.0%と全体的に高いのが特徴です。一方、カードローンの金利は以下のようになっています。

カードローン会社 金利(実質年率)
楽天銀行スーパーローン 1.9~14.5%
みずほ銀行カードローン 2.0~14.0%
アコム 3.0~18.0%
プロミス 4.5~17.8%
アイフル 3.0~18.0%
SMBCモビット 3.0~18.0%
レイクALSA 4.5~18.0%

※参照元:楽天銀行公式サイトみずほ銀行公式サイトアコム公式サイトプロミス公式サイトアイフル公式サイトSMBCモビット公式サイトレイクALSA公式サイト

カードローンの金利は、借りる金額が高くなる程低くなり、借りる金額が低くなる程、高くなります。大きな金額を借りた方が金利は安くなるわけです。

そのため、カードローンの利用でも、10~50万円程度の借入れであれば、上限金利(一番高い金利)が適用されることが多くなります。(※カードローン会社によって一部異なる)

銀行系カードローンが低金利の理由

カードローンの金利は、キャッシングの金利に比べて低いです。特に銀行系カードローン(銀行が直接運営しているカードローン)は、突出して金利が低くなっています。

銀行系カードローンの金利が低いのは、以下のような理由があるのです。

  • 銀行の資金で貸し出しできる
  • 審査を慎重に行っている

消費者金融系のカードローンは、利用者に貸す資金を場合によっては銀行から借りる必要があります。

銀行系カードローンであれば、銀行にすでに多額の資金があるため、資金調達するコスト(手数料・利息)や手間がないのです。

さらに、銀行系カードローンは、審査を慎重に行うため貸し倒れがのリスクが低いのも、低金利で貸せる理由となります。

消費者金融系カードローンだと、即日融資が可能なところが多いですが、銀行系カードローンは基本的に即日融資は行っていません。

以上の理由で、キャッシングを利用するより、銀行系カードローンでお金を借りた方が金利が安くなるのです。

銀行系カードローンである楽天銀行カードローンの審査難易度は『楽天銀行カードローンの審査難易度と審査の流れ|落ちた人の原因を口コミから探る』の記事にて詳しく解説しています。

キャッシングとカードローンの借入れ限度額

クレジットカードのキャッシング枠は、審査によって上限が決まりますが一般的には高くても100万円程しかキャッシングの枠が用意されていません。

カードローンは最大800万円まで借りられる会社が多いです。

クレジットカードの利用枠は、ショッピング枠とキャッシング枠がそれぞれ設定されていますね。

しかし、キャッシング枠はショッピング枠に含まれているので間違えないようにしましょう。

カードの総利用枠=ショッピング枠となっており、ショッピング枠の中でキャッシングに利用できる金額がキャッシング枠となります。

例えば、カードの利用限度額が50万円の場合、最大でもキャッシング枠は50万円です。キャッシング枠はカードの総利用枠よりも、低くなる傾向があります。

カードローンは、以下のようにキャッシングよりも多くの借入れをすることが可能です。

カードローン会社 利用限度額(最高)
楽天銀行スーパーローン 800万円
みずほ銀行カードローン 800万円
アコム 800万円
プロミス 500万円
アイフル 800万円
SMBCモビット 800万円
レイクALSA 500万円

※参照元:楽天銀行公式サイトみずほ銀行公式サイトアコム公式サイトプロミス公式サイトアイフル公式サイトSMBCモビット公式サイトレイクALSA公式サイト

カードローンでは、最高で500~800万円の借入れをすることが可能です。

もちろん、審査によって利用限度額が決まるため、最初の借入れの場合は利用限度額が低くなることがあります。

しかし、多額の資金が必要な場合、カードローンで借入れをした方が、あなたの希望に沿った金額の融資を受けられるでしょう。

キャッシングとカードローンの審査スピード

お持ちのクレジットカードにキャッシング枠がある場合は、いつでもキャッシングを利用できますが、キャッシング枠がなく新たにキャッシング枠を申込む場合やクレジットカードに新規に申込む場合、最低でも3営業日以上借入れまでにかかります。

一方、カードローンの場合、消費者金融系なら最短即日に借入れができる会社が多いです。

銀行系カードローンは、即日の借入れは基本的にできません。一般的には審査に数日かかると覚えておきましょう。

即日の融資が可能なカードローンは主に以下のところがあります。

どうしても今日中にお金が必要…!」という方は上記のカードローン会社を選択しましょう!

キャッシングを利用するメリット・デメリット

クレジットカードのキャッシングには、すぐに利用できる、クレジットカードのみで借入れできるなどのメリットがあり、金利が高い、借入れ限度額が低いなどのデメリットがあります。

キャッシングのメリットは以下の通りです。

  • キャッシング枠があれば審査不要で利用できる
  • クレジットカードのみで借入れできる
  • 海外ATMで現地通貨を引き出すことが可能

キャッシングのメリットは、クレジットカードにキャッシング枠があれば、審査不要ですぐに利用できる点です。

提携ATMからの借入れはもちろん、事前に予約して銀行口座に直接振り込んでもらうことも、カード会社によってはできます。

一方で、キャッシングのデメリットは以下の通りです。

  • 金利が高い
  • 借入れ限度額が低い
  • ショッピング枠が減ってしまう
  • 借り過ぎてしまいやすい

キャッシングの一番のデメリットは、金利が高いことです。ほとんどのカード会社で18%と高く金利が設定されているため、返済総額が高くなってしまいます。

また、キャッシングは借入れ限度額が低め(※カードの総利用枠内)ですから、大きな金額を借りることができません。

キャッシングは海外ATMで現地通貨を引き出すことが可能

海外のATMから現地通貨を引き出すことができるという点が、キャッシングにはあって、カードローンにはないメリットです。

海外旅行によく行かれる方は、現地で現金が足らなくなったという経験をお持ちではないでしょうか。

また、十分な金額を持っていっても、盗難に遭う可能性もありますね。

そんな時でもキャッシングなら、手数料はかかりますが、海外のATMから現地通貨を簡単に引き出すことができます。

キャッシングを使った分ショッピング枠が減る

キャッシングを利用すると、その分ショッピングで利用できる金額が減ってしまいます。

クレジットカードには、ショッピング枠とキャッシング枠がありますが、キャッシング枠はショッピング枠に含まれているため注意が必要です。

日頃からショッピングや、公共料金の支払いをクレジットカードでしている場合は、キャッシングを利用してしまうと、カードの利用枠が足りなくなることがあります。

例えば、ショッピング枠が50万円、キャッシング枠が40万円の場合、総利用枠は50万円です。もし、キャッシングを限度額まで使ってしまうと以下のように、10万円しか利用枠が残りません。

  • 総利用枠(ショッピング枠/50万円)-キャッシング(40万円)=総利用枠・ショッピング枠(10万円)

クレジットカード総利用枠=ショッピング枠となっており、ショッピング枠の中でキャッシングに使える金額がキャッシング枠となっています。

キャッシング枠とショッピング枠は、別々に使える枠ではないので注意してください。

キャッシングの借り過ぎに注意

クレジットカードにキャッシング枠があれば、審査無しでキャッシングを利用できるので、借金をしているという感覚が薄くなりがちです。

キャッシングもカードローンと同様に、クレジットカード会社からお金を借りているということを意識して、返済できる範囲で利用しましょう。

キャッシングの金利はカードローンの金利より高いため、より注意が必要です。

カードローンを利用するメリット・デメリット

カードローンには、金利が低い、利用限度額が高いなどのメリットや、返済期間の長期化、借り過ぎてしまいやすいなどのデメリットがあります。

カードローンのメリットは以下の通りです。

  • 金利が低い
  • 利用限度額が高い

お金を借りる点では、キャッシングよりもカードローンの方がメリットは大きいです。

金利が低いと利息が少ないため返済の負担が軽減されます。利用限度額が高いため、多くの現金が必要な時にも向いているでしょう。

一方で、以下のようなデメリットもあります。

  • 返済期間の長期化
  • 借り過ぎてしまいやすい

利用限度額が高いということは、裏を返せば多くの借入れができてしまうので、返済期間が長くなるというリスクもあるので注意しましょう。

また、一度審査に受かると、利用限度額の中で何度でも借りることが可能ですから、借り過ぎてしまいやすいというデメリットもあります。

カードローンを利用する際には、必要最低限の金額のみ借りるようにしましょう。

返済期間が長期化すると利息は高くなる

カードローンは、金利がキャッシングよりも低いですが、返済期間が長くなると利息が高くなります。

例えば、20万円借入れし、36ヶ月で返済した場合の利息は『49,383円』です。(※実質年率14.5%の場合)

借入れ条件 返済額など
・借入れ額:20万円
・返済期間:36ヶ月
・実質年率(金利):14.5%
・毎月の返済額:7,126円
・利息額合計:49,383円
・返済総額:249,383円

みずほ銀行返済金額シミュレーションによる

しかし、20万円借入れし、12ヶ月で返済した場合の利息は『17,374円』です。(※実質年率14.5%の場合)

借入れ条件 返済額など
・借入れ額:20万円
・返済期間:12ヶ月
・実質年率(金利):14.5%
・毎月の返済額:19,762円
・利息額合計:17,374円
・返済総額:217,374円

みずほ銀行返済金額シミュレーションによる

当然ですが、短期間で返済を終わらせた方が、毎月の返済金額は高くなる分、利息額・返済総額は減ります。

カードローンを利用する際には、必要最低限の金額を借り、なるべく短期間で返済をするようにしましょう。

お金を借りるなら金利の低いカードローンがおすすめ

お金が必要な時には、キャッシングを利用するよりも金利のカードローンで借りた方がいいでしょう。

クレジットカードのキャッシングはいつでも利用できるという点で便利ですが、金利が高いので返済するのが大変です。

短期間に少額のお金を借りるのであれば、金利はそれほど気にならないかもしれませんが、高額の借入れをして長期的に返済するとなると、金利の差は返済総額にもろに跳ね返ってきます。

後から後悔しないように、お金を借りる際には、できるだけ金利が低いところから借りるようにしましょう。

銀行系カードローンは金利が低い

カードローンには、大きく分けて銀行系カードローンと、消費者金融系カードローンがあります。

最近では、銀行の子会社となっているカードローンが多いため、銀行系と消費者金融系の見分けがつきにくいですね。

そこで、銀行系カードローンの特徴を簡単に解説致します。

  • 〇〇銀行カードローン』など、銀行の名前が入っている
  • 金利が低く設定されている

〇〇銀行カードローンなどと、銀行名が入っているのが一番分かりやすいポイントでしょう。

銀行系カードローンは、消費者金融系カードローンよりも低金利でお金を借りることができます。その分、利息が少ないので、返済する際の負担が少なくてすむのです。

楽天銀行スーパーローンは金利が低くておすすめ

銀行系カードローンの中でも金利が低くておすすめなのが、楽天銀行スーパーローンです。楽天銀行スーパーローンには以下のような特徴があります。

  • 年1.9%~14.5%の低金利
  • 年会費・入会金無料
  • 最大800万円まで借入れ可能
  • スマホで申込み完結可能
  • 必要書類はスマホアプリから簡単に送信
  • 楽天銀行に口座を作らなくても利用可能
  • 対象の提携ATMであればATM利用手数料が無料
  • 日本国内在住の20歳から62歳まで利用可能
  • パート、アルバイト、専業主婦でも申込み可能

楽天銀行スーパーローンは、銀行系カードローンなので年1.9%~14.5%の低金利でお金を借りることができます。

年会費も入会金もかかりません。楽天銀行に口座がなくても、新たに口座を開設する必要はないです。あなたがお持ちの口座に振込融資が可能なので、心配いりません。

正社員ではなくても、パート・アルバイトで安定した収入があれば審査に受かる可能性大いにあります。また、専業主婦でも申込み可能です。

スマホアプリで必要書類を送信できるから便利

楽天銀行スーパーローンは、スマホアプリで必要書類を送信することができるため、郵送する手間がかからず簡単に申込みできます。

必要書類のコピーをとって郵送するとなると、手間だけでなく封筒・切手代もかかりますね。

楽天銀行スーパーローンは、スマホアプリで必要書類の写真を取り、データを送信するだけで申込みが完了します。余計な出費がかからず便利です。

楽天銀行スーパーローンの申込みに必要な書類

楽天銀行スーパーローンに申込む際には、本人確認書類と場合により収入証明書類が必要になります。

本人確認書類は以下のいずれか1点を送付しましょう。(コピー・写真)

  • 運転免許証
  • 健康保険書
  • パスポート
  • 住民基本台帳
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)

審査の結果によっては、収入証明書類が必要になる場合があります。正社員、契約社員、パート、アルバイトで、収入証明書が必要な場合は以下のいずれか1点を送付しましょう。(コピー・写真)

  • 源泉徴収票
  • 課税証明書(所得証明書)
  • 収入・所得の記載がある書類
  • 給与明細書

自営業で、収入証明書が必要な場合は以下のいずれか1点を送付しましょう。(コピー・写真)

  • 課税証明書(所得証明書)
  • 収入・所得の記載がある書類
  • 確定申告書

上記の書類は、審査をスムーズに進めるために事前に用意しておきましょう。

楽天銀行スーパーローンの審査の流れ

楽天銀行スーパーローンの審査の流れは以下のようになっています。

  1. WEBサイトから申込み
  2. ローンカード発行までの案内メールを受け取る
  3. 仮審査
  4. 仮審査の結果がメールで通知される
  5. 勤務先への在籍確認
  6. 契約内容の確認電話を受ける
  7. 必要書類を送付
  8. 本審査
  9. ローンカードと口座振替依頼書が自宅に届く
  10. 口座振替依頼書を返送 (※WEBで済ませた方は不要)

ドメイン指定をされている方は、『@cc.rakuten-bank.co.jp』からのメールが受信できるように設定しておいてください。そうしないと、楽天銀行からのメールを受けることができません。

楽天銀行スーパーローンの審査にかかる時間

楽天銀行スーパーローンの審査~借入れができるようになるまで、数日から1週間程度かかります。収入などによっては短くなる場合もありますが、余裕を持って早めに申込みましょう。

審査をなるべく早く終わらせるポイントは以下の2つです。

  • 土日祝日を避ける
  • 審査受付時間に申込む

土日祝日は混み合うため、審査が長くなってしまいます。できれば平日に申込みしましょう。楽天銀行スーパーローンは、WEBから24時間申込みできますが、実際に審査の受付をしているのは以下の時間です。

  • 平日9:00~20:00
  • 土日祝日10:00~17:30

審査受付時間内に申込むことで、審査の時間を短縮することができます。ただし、審査にも時間がかかるため、審査受付時間の1時間前には申込みを完了させておくようにしましょう。

在籍確認は必要

楽天銀行スーパーローンは必ず在籍確認が必要となるため、会社の休業日と重ならないように申込むことで審査の時間が短縮されます。

在籍確認といっても、通常は担当者の個人名で会社に電話をかけるだけなので、特に心配はいりません。

あなたが会社で働いていることを確認するのが目的ですから、派遣社員の方は派遣先(実際に勤務している会社)の連絡先を、申込みの際に記入しましょう。

また、会社の休業日には在籍確認が取れないため、会社が営業している日に申込みをすることが、審査を短期間で終わらせるポイントです。

楽天銀行カードローン公式HP

webで簡単申し込み!

 

キャッシングとカードローンの違いまとめ

キャッシングはクレジットカードにキャッシング枠があれば、審査不要ですぐに借りることができますが、金利が高く利用限度額が低いというデメリットがあります。

一方で、カードローンは、利用には審査が必要ですが、金利が低く利用限度額も高いです。

お金を借りる際には、キャッシングよりもカードローンの方がお得でしょう。

また、カードローンの中にも、消費者金融系と銀行系のカードローンがあります。

銀行系カードローンの方が金利は低いため、返済する際の負担が少ないです。「どうしても、今月お金が足りない…」という方は、銀行系のカードローンを利用しましょう。

プロミスの審査や金利がお得の図

即日に借りたい方はプロミス

 

楽天銀行カードローン公式HP

少しでも低い金利で借りたい方は楽天銀行カードローンを!

コメント

タイトルとURLをコピーしました