楽天ポイントカードと楽天Edyの違いは何?紐付け方法とは?

楽天Edyと楽天ポイントカードの違いがよくわからない!

どっちもポイントが貯まるから大差ないのでは?

このように思われている方もいるのではないでしょうか。

楽天Edyと楽天ポイントカードの違いを一言で表現すると、電子マネーが付帯しているかどうかです。つまり、決済機能の有無という部分で大きく異なりますね。

この点を踏まえた上で本記事では、以下のような項目について解説していきたいと思います。

  • 楽天Edyの特徴とメリット
  • 楽天ポイントカードの特徴とメリット
  • 楽天ポイントを貯めるなら年会費無料の楽天カードが断然お得
  • 楽天カードは楽天Edyと楽天ポイントカードの機能を有する

へー!楽天カードって、やっぱりお得ですね!

と思われた方もいるのではないでしょうか。

楽天ポイントを効率よく貯めていきたい方はぜひ、以下の内容に目を通してみてください。

楽天ポイントがザクザク貯まる!

楽天カードVISA

楽天ポイントカードでは楽天ポイント加盟店しか利用できませんが、楽天カードならクレジット決済でどこでも1%以上のポイント還元。

特に楽天市場を利用している方はポイント還元率が最低でも3%以上、アプリからの購入なら4%(商品によって数十倍にも)のポイント還元がある為、楽天カードの存在は絶対に軽視できません。

楽天ポイント
めちゃくちゃ簡単にポイントが貯まる

しかも、今なら入会&利用で最大5,000ポイント、更に楽天Edyに500円分のチャージがされた状態で発行できる為、発行しない理由がありません。(Edyが無料で発行できる上に500円分がもらえるとかすごい…。)

いつまでこのキャンペーンが行われるかわからないですが、楽天カードは年会費無料の最強カードなのでこのチャンスは逃さないようにしましょう。

公式サイトを見る※年会費・発行手数料が全て無料
スポンサーリンク

楽天Edyと楽天ポイントカードの違いは電子マネー付帯か否か!

楽天ポイントカードと楽天Edyの違い
Edyとポイントカードの違いは決済機能が付いているかどうかだけ!

楽天Edyと楽天ポイントカードの違いを一言で表現すると、電子マネー付帯か否かです。

  • 楽天Edy:電子マネーの付帯あり
  • 楽天ポイントカード:電子マネーの付帯なし

つまり、楽天Edyには決済機能がありますが、楽天ポイントカードはあくまでポイントを貯めたり使ったりできるだけで、カード自体に決済機能はありません。

したがって、楽天ポイントカードを活用するのであれば、現金やプリペイドカード、クレジットカードなどの決済を併用する必要があります。

楽天Edyは全国66万店舗で決済できる

世の中には様々な電子マネーがありますが、中でも楽天Edyは非常に使い勝手が良く、全国66万店舗で決済が可能です。

え!66万店舗?

とビックリされている方もいるかもしれませんね。

もちろん、利用可能なジャンルもコンビニやスーパーなどを始め、ありとあらゆる店舗が対象となっています。

これに加え、楽天Edyでの決済に対して0.5%の還元が得られるため、便宜性・節約効果ともに優れているツールと言えるでしょう。

楽天ポイントカードは完全無料で気軽に発行できる

決済機能は特に求めていない!

気軽に発行できる方が嬉しい!

このような方におすすめなのが楽天ポイントカードです。

楽天ポイントカードは発行手数料・年会費ともに無料で、誰でも気軽に持つことができます。

加盟店においては、楽天ポイントカードを提示することでポイントを貯めたり、貯まったポイントを使ったりすることもできます。

マクドナルドやすき家、ツルハドラッグなどの加盟店においては、楽天ポイントカードの提示を忘れないようにしたいですね。

楽天Edyを利用するメリットや特徴

楽天Edy

楽天Edyを利用するメリットや特徴は以下の通りです。

  • 年会費が無料
  • 現金いらずで決済が楽チン
  • 電子マネー決済でポイントが貯まる
  • 様々な方法でチャージできる

年会費が無料な上、決済のたびにポイントを稼ぐことができるのは嬉しいですね。

ただし、楽天Edyは発行の方法次第では、発行手数料がかかってしまう点には注意が必要ですよ。

年会費が無料

楽天Edyを利用する上での年会費は無料です。

ただし、発行方法によっては、発行手数料がかかる場合があります。以下、楽天Edyの発行方法を見てみましょう。

  • Edy-楽天ポイントカード:100円〜300円程度
  • キャラクターEdy-楽天ポイントカード:500円
  • 他企業の会員カード一体型Edy:無料
  • クレジットカード一体型Edy:無料
  • おさいふケータイ:無料

ご覧の通り、Edy-楽天ポイントカードやキャラクターEdy-楽天ポイントカードを発行する場合、発行手数料がかかってしまいます。

一方で、ANAマイレージクラブやクロネコメンバーズに入会してEdyを入手したり、クレジットカード一体型Edyやおさいふケータイを発行するという方法であれば、年会費だけでなく、発行手数料も無料でEdyを作成することができますよ。

楽天Edyを無料で発行する方法は『楽天Edyカードは無料で入手できる!300円かかる発行手数料を無料にする方法』の記事で詳しく解説していますので、ぜひ合わせて参考にしてみてください。

現金いらずで決済が楽チン

楽天Edyを活用していて何が楽かと言えば、現金を持ち歩く必要がなくなるということです。

もちろん、全ての店舗で楽天Edyを使えるわけではありませんが、全国66万店舗以上で利用可能となっています。

現金と比較した際に、楽天Edyでの決済は現金やお釣りのやり取りがなく、スイスイ支払いが進みます。

決済する本人はもちろんのこと、店員さんや後続に並んでいる他のお客さんもストレスフリーですね。

  • 楽天Edyを備えると、現金を持ち歩く必要がなくなる
  • 楽天Edyは全国66万店舗以上で利用可能
  • 楽天Edyの決済は現金と比較して非常にスムーズ

ちなみに、楽天Edyが使える店舗は『楽天Edyの公式ホームページ』でチェックすることができます。こちらも合わせて参考にしてみてください。

電子マネー決済で楽天ポイントが貯まる

どんな方でも、同じ価格で同じ買い物をするのであれば、少しでも還元があった方が嬉しいに決まっています。

楽天Edyでは決済のたびに、0.5%のポイント還元を享受することができます。

現金やプリペイドカードなどで支払う場合と比較すると、節約効果の差は明らかですね。

  • 楽天Edyで決済:0.5%還元
  • 現金・プリペイドカードで決済:還元なし

さらに、楽天ポイントカード機能を有した楽天Edyであれば、加盟店において楽天Edy決済分とポイントカード提示分でポイント2重取りが成立します。

  • 楽天Edy決済分として0.5%
  • 楽天ポイントカード提示分として0.5~1%
    ⇒合計:1~1.5%

たった0.5%や1%と侮る事なかれ。こうした小さな積み重ねがやがて、大きな結果となって返ってくるのです。

年単位で見れば、貯まったポイントだけで好きなものが買える日が来るかもしれませんよ。

様々な方法でチャージできる

楽天Edyの便宜性がわかるポイントとして、様々な方法でチャージできることが挙げられます。

どうやってチャージできるんですか?

という質問が飛んできそうなので、以下に楽天Edyへのチャージ方法を示しましょう。

  • 現金チャージ
  • クレジットカード(オートチャージ含む)
  • ポイントからチャージ
  • 楽天Edyアプリからチャージ
  • 銀行口座からチャージ(おさいふケータイのみ)

ここで鋭い方ならお気づきの通り、クレジットカードからのオートチャージであれば、節約効果、便宜性ともに他のチャージ方法の中でもピカイチです。

スポンサーリンク

本記事の後半で紹介しますが、やはり楽天Edyの活用は楽天カードがダントツでお得ですよ。

楽天ポイントカードを利用するメリットや特徴

楽天ポイントカード
実際の楽天ポイントカード

楽天ポイントカードを利用するメリットや特徴は以下の通りです。

  • 完全無料で利用できる
  • 加盟店で提示することでポイントが貯まる
  • リアルカードや各種アプリなど様々な方法で使える

楽天ポイントカードには決済機能はありませんが、加盟店で楽天ポイントカードを提示することで、楽天ポイントを貯めていくことができます。

以下、楽天ポイントカードのメリットや特徴について詳しく見ていきましょう。

完全無料で利用できる

楽天ポイントカードは以下の通り、完全無料で利用することができます。

  • 発行手数料無料
  • 年会費無料

つまり、保有に際して一切リスクがなく、仮に発行して使わなかったとしても、デメリットがないと言えます。

発行手数料や年会費を気にすることなく、コツコツポイントを貯めていきたいという方に、楽天ポイントカードは特におすすめのツールと言えますね。

加盟店で提示することでポイントが貯まる

楽天ポイントカードは加盟店で提示することで、楽天ポイントを貯めていくことができます。

貯まった楽天ポイントは加盟店で1ポイント1円として使えるため、コツコツとポイントを積み上げていきたいですね。

ちなみに、楽天ポイントカードの提示で楽天ポイントが貯まる加盟店は『楽天ポイントカードの公式ホームページ』で確認することができます。

街に繰り出す前にぜひ、チェックしておきましょう。

リアルカードや各種アプリなど様々な方法で使える

楽天ポイントカードはリアルカードのみならず、アプリなど他の方法で使うこともできます。

具体的には、どんな発行方法があるの?

と気になっている方もいることと思いますので、以下に楽天ポイントカードの種類を紹介しておきます。

  • 楽天ポイントカード(リアルカード)
  • Edy-楽天ポイントカード(Edy一体型リアルカード)
  • 楽天カード(クレジットカード)
  • 楽天ポイントカードアプリ
  • 楽天市場アプリ等

ご想像いただければお分かりの通り、楽天ポイントカードアプリであれば、スマホ一台、カードレスでポイントを貯めていくことができます。

楽天ポイントカードアプリの利用方法は非常にシンプルで、加盟店で以下の流れに沿って操作を進めるだけです。

  1. 楽天ポイントカードのアプリを起動する
  2. アプリ上部にある楽天ポイントカードのアイコンをタップする
  3. 店員さんにバーコードを提示する

なお、楽天ポイントカードアプリに対応している店舗は、『楽天ポイントカードアプリの公式ホームページ』でチェックすることができます。

アプリをダウンロードするついでに、対象の店舗も確認してみると良いでしょう。

楽天ポイントを貯めるなら楽天カードがダントツでお得!

楽天カードVISA

年会費無料
基本還元率通常:1%~
楽天市場:3%~
国際ブランドVISA/MasterCard/JCB/AMEX
ETCカード500円(税抜)
※会員ランクがプラチナ以上で無料
家族カード無料

 

ここまでご覧いただいた方であればお気づきと思いますが、楽天ポイントを貯めるのであれば断然楽天カードがお得です。

世の中には実に様々なクレジットカードが存在しますが、とにかくザクザクポイントを貯める上で、楽天カードの右に出る1枚はないと言っても良いでしょう。

楽天カード
楽天ポイントは日本一貯まると言っても良いポイント!

楽天カードには楽天Edyや楽天ポイントカードの機能も付帯させることができるため、非常にハイスペックな三位一体の1枚と言えますね。

楽天カードは入会キャンペーンがアツい

楽天カードは入会キャンペーンで大量ポイントを獲得できるようになっています。

気になるポイント仕様は以下の通りです。

  • 新規入会特典として2,000ポイント
  • カード利用特典として3,000ポイント〜6,000ポイント
    ⇒合計:5,000ポイント〜8,000ポイント

カード利用特典は、入会時期によって獲得ポイント数が異なります。

ちなみに本記事執筆時点(2020年2月下旬)においては、合計で5,000ポイントが獲得できるという状況です。

特に急ぎでない方は、カード利用特典のポイントがアップする時期を虎視眈々と待ってみるのも良いですね。

ちなみにカード利用特典のポイントを得る条件は、カード申し込み日の翌月末までに、1円以上、1回でもカードを切れば良いだけなので、全くハードルは高くありませんよ。

楽天カードの入会キャンペーンは『【7000/8000ポイントがもらえる】楽天カードの入会キャンペーン完全ガイド!最大10,000ポイントがもらえる時期も!』の記事で詳しく解説していますので、ぜひ合わせて参考にしてみてください。

楽天市場での還元率が最大16倍

楽天スーパーポイントアッププログラム
楽天市場での最大還元率が16倍に

え!ポイント16倍とかあり得るの?」と驚かれた方もいるのではないでしょうか。

楽天カードはその名称からも分かる通り、楽天市場での買い物が非常にお得になる1枚です。

具体的には以下の通り、SPU(スーパーポイントアッププログラム)の利用でガンガンポイントを稼ぐことができます。

SPUの詳細
  • 楽天カードを利用して楽天市場で買い物をする:+2倍
  • 楽天カード(ゴールド/プレミアム)を利用して楽天市場で買い物をする:+2倍
  • 楽天銀行の口座から楽天カード利用分を引き落とし:+1倍
  • 楽天の保険』の保険料を楽天カードで支払う:+1倍
  • 楽天でんき』への加入および利用:+0.5倍
  • 楽天市場アプリでの買い物:+0.5倍
  • 月1回500円以上のポイント投資:+1倍
  • 楽天モバイル』の利用:+2倍
  • 楽天TV』のNBAまたはパ・リーグSpecialへの加入・契約更新:+1倍
  • 楽天ブランドアベニューで月1回以上買い物をする:+1倍
  • 楽天ブックスで月1回1注文1,000円以上の買い物をする:+0.5倍
  • 楽天Koboで電子書籍を月1回1注文1,000円以上の買い物をする:+0.5倍
  • 楽天トラベルで対象サービス・対象期間の利用:+1倍
  • 楽天ビューティで月1回1,500円以上の利用:+1倍
    合計16倍!

厳密に言うと、楽天カード(ゴールド/プレミアム)の利用は該当しないため、通常の楽天カードを用いる場合は最大14倍の還元となります。

これだけポイントアップのチャンスがあれば、クレジットカードの利用に慣れていない方でも、面白いようにザクザクポイントを貯めることができるでしょう。

楽天ポイントを貯めるなら楽天カードでザクザク貯めよう!

楽天カードVISA

せっかく同じ楽天ポイントを貯めるのであれば、楽天カードを選ばないと絶対に損です。

ここで改めて、楽天カードがポイント稼ぎに適している理由をおさらいしておきましょう。

  • いつでもどこでも還元率1%
  • 楽天市場の利用でポイント最大14倍
  • 楽天カードには楽天Edyと楽天ポイントカードの機能が付帯している
  • 入会キャンペーンで5,000ポイント〜8,000ポイントを一気に獲得できる

本当にこのスペックで年会費無料なの?

と疑問に思われている方もいることでしょう。

楽天Edyや楽天ポイントカードを選択する人と、楽天カードを選ぶ人とでは、お金と同価値とも言える楽天ポイントの貯まり方が全く違います。

あなたもぜひ、年単位でどれだけの楽天ポイントを稼ぐことができるかをありありとイメージしながら、楽天カードを存分に使いこなしてみてくださいね。

\今なら最大5,000円相当がもらえる!/
スポンサーリンク
記事を書いた人
博士
博士

マネーストアの管理人であるワシは、節約やポイント還元が大好きなんじゃよ。もちろん得することが大事じゃが、損をしないことが最も大事だと考えておる。ぜひ当サイトを参考に、少しでも豊かになることを祈っておるぞ。 何か質問があれば、Twitter等で遠慮なく聞いておくれ。